カテゴリー

« 『ウルトラセブン 超完結編 2002』 7 | トップページ | 仮面ライダー電王 第18話 »

『ウルトラセブン 超完結編 2002』 8

その御主人の苦悩を、「AI」を持つが故に同苦してしまうのま、カプセル怪獣の中でも、ウインダムだけであったのだ。セブンも、その事を知ってか知らずか、無言のまま彼を見つめていた。いったい、どれ位の時間が過ぎたのであろうか。2人は、言葉を交わす事は無かった。

やがてセブンは、メタル星を後にするのであった。両手を肘先から上にあげ、哀しげな音声を発しているウインダム。当然の事ではあるが、セブンが立ち寄った事は、M78星雲「光の国」には感知されているに違いない。長居は無用というわけだ。ウインダムの目には、光輝く透明の液体が溢れ、やがて、それは「しずく」となって流れ落ちた。セブンと共に地球に滞在したがために、「AI」に芽生えた感情の表れなのかもしれなかった。

« 『ウルトラセブン 超完結編 2002』 7 | トップページ | 仮面ライダー電王 第18話 »

ウルトラセブン超完結編2002」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/167056/6531595

この記事へのトラックバック一覧です: 『ウルトラセブン 超完結編 2002』 8:

« 『ウルトラセブン 超完結編 2002』 7 | トップページ | 仮面ライダー電王 第18話 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

広告

無料ブログはココログ