カテゴリー

« 暗闇仕留人 第27話 | トップページ | 『ウルトラセブン 超完結編 2002』 16 »

『ウルトラセブン 超完結編 2002 』 15

「ウルトラ警備隊」への復帰、もしくは、新しく誕生した「TAC」へ入隊していたかもしれないからだ。宇宙パトロール隊「MAC」は、まだ結成されておらず、レオとの出会いも無かったのかもしれない。しかし、この思いは、ゾフィーの胸中だけに収められてしまった。

ここは、「セブン上司」のプライベートルーム。数多の後輩を指導し、その育成に全てを注ぎこんだ彼であったが、今は前線を離れていた。そう、セブンが、3度目の地球への長期滞在を決めた後の事であった。再度、ウルトラ警備隊と接触し、カザモリ隊員に乗り移った頃である。

宇宙の平和を守るために、その任務をまっとうしてきたセブン上司は、なぜセブンがそれほどまでに地球を、地球人を愛してしまったのかを知りたいと思っていた。様々な条件が重なり、タイミングの良さも手伝って「恒点観測」の総指揮官としての任を、後継者にバトンタッチしていた。

多くの後輩を育成してきた彼であったが、中でもセブンの事は、強く印象に残っていた。彼を恒点観測員340号として送り出した時に、既に彼を自分の後継者として考えていたからだ。しかし、侵略者に狙われている地球を守るために、長期滞在を余儀なくされた340号が、自分の計算外であり、自らのライフプランの軌道修正になってしまったからである。

« 暗闇仕留人 第27話 | トップページ | 『ウルトラセブン 超完結編 2002』 16 »

ウルトラセブン超完結編2002」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/167056/6710513

この記事へのトラックバック一覧です: 『ウルトラセブン 超完結編 2002 』 15:

« 暗闇仕留人 第27話 | トップページ | 『ウルトラセブン 超完結編 2002』 16 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

広告

無料ブログはココログ