カテゴリー

« 脚本家 長谷川圭一さん | トップページ | 『ウルトラセブン 超完結編  2002』 23 »

仮面ライダー電王 第22話

電王・ガンフォームとゼロノス・アルタイルフォームのバイクアクションは、「ライダー」の面目躍如といったところだろうか。でも、かなり不自然な構図も・・・。何でもかんでもCGを使えば良いと言う訳でもないのだが。

侑斗から話を聞きだすために、デネブの代わりにトラの着ぐるみの中に入るハナちゃん。私も入った事があるけど、最初は30分ともたないんですよね。すぐに、汗がダラダラとしてきて脱水症状に。しかも、他人の着た後は、かなり汗臭い。結局はナオミちゃんの助言により顔出しでの店頭販売。その方がベストですよね。

イマジンの契約って、本人が覚えていないと効果が無いみたいだが、そんなので大丈夫なのか?何だか頼りないぞ、イマジン。

結果的に共闘する形となった電王・ソードフォームとゼロノス・ベガフォームの「ダブルライダー」。イマジンを倒し、ハナちゃん達は七夕のお菓子を完売したものの、侑斗からは、納得の行く話しは聞けずじまいでした。侑斗も、知らぬ事があるようですね。

« 脚本家 長谷川圭一さん | トップページ | 『ウルトラセブン 超完結編  2002』 23 »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダー電王 第22話:

« 脚本家 長谷川圭一さん | トップページ | 『ウルトラセブン 超完結編  2002』 23 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

広告

無料ブログはココログ