カテゴリー

« 4時間半熟睡法 | トップページ | 100円ショップでボールペン »

キングコング(2005)

金曜ロードーショーで放映された、『キングコング(2005)』を見た。初見だ。

第1作のリメークだが、画像はメチャメチャキレイ。が、何か伝わってくるものが感じられなかった。

恐竜の群れや巨大生物軍団は、確かに迫力もあり、リアリティにも満ち溢れていたかもしれない。

でも、超高画質のアニメを見ているような感覚だった。CGを否定するつもりはないが、「特撮」ファンとしては、何か物足りない。あくまでも、個人の思考の問題ではあるのだが・・・。

ナオミ・ワッツとキングコングの交流にも、「必然性のある情」が、感じられ難かった。

国民性の違い(演出も含めて)かもしれないが、スピード感とテンポの速さに、それらが入り込めない(描写ポイントの表現の違い)のだろうか。

でも、これだけの映像表現の技術を駆使して、『海外版 KING KONG vs GODZILLA』という、割り切ったB級作品を見てみたいものです♪

« 4時間半熟睡法 | トップページ | 100円ショップでボールペン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キングコング(2005):

« 4時間半熟睡法 | トップページ | 100円ショップでボールペン »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

広告

無料ブログはココログ