カテゴリー

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

昆虫物語 みつばち ハッチ

微妙にタイトルが変わっていますが、「昆虫物語 みなしごハッチ」のリメーク(新作)です。

一時期は、よく再放送していて、栗葉子さんの声が、頭に残っています。

本日から、劇場版が公開です。

アニメも、古き良き作品、「温故知新」のようです。

昔のハッチは、眠たそうな表情でしたが、今回のハッチは、キリッとしたお目々で、凛々しいですね♪

宇宙船 第129号

発売から、1ケ月が経過しようとしていますが、まだ読了していません。

特別付録で、『ライダー(スカイ)』&『スーパー1』の別冊が。ファンコレで発売してもおかしくない構成だが、『宇宙船』創刊時の、放送番組としての企画だ。

今回も、『劇場版』新作の紹介だが、なんと、2011年の春公開で『電人ザボーガー』が。

楽しみです。『ライオン丸』、『大魔神』の新作は「変化球」だっただけに、『劇場版 電人サボーガー』では、「直球」が見てみたいですね。

スタイリッシュ 3LED

100円ショツプ「ダイソー」で発見。

単4電池3本を使用する、LEDの3灯タイプ、「スタイリッシュ 3LED」。

平べったいので、ポケットにも入りやすく、何より明るい。3灯の横並びだが、パワーレンズで、焦点もひとつに。

悪い癖が出たのか、早速、同じものを、もう1つ購入しました。

何せ、この手の商品は「一期一会」ですから♪

天装戦隊 ゴセイジャー 第23話

局地的にエアコンを稼働させて、地球の温暖化を実行。この、まずは局地的というのが、ショッカーみたいですね。悪の組織の作戦っぽい。でも、現実は・・・。

猛暑続きの昨今には、タイムリーな内容。涼を取る知恵、蘊蓄が紹介されています。

待望の、ダブルヒロイン編。かと思いましたが、ハイドがメインのようです。暑さをこらえ、偲んでの戦いに。

エリとモネの水着姿が、もっと見たかったですね。

以前は、番組でしか見られないヒロインの水着姿でしたが、最近はアイドルゆえに、イメージビデオにシフトしてしまったようです。

酒井藍ちゃん

そう、『吉本新喜劇』の、「ブーブーブー」のお姉ちゃんだ。

メルヘンチックな体型で、微妙な一人ボケツッコミを披露している。

先だって、遂に開眼したかのようなギャグに、大爆笑してしまい、保存版にしてしまった。

「人に言われて楽しむのも変ですから、自分の意志で楽しんできます。」(趣意)

休暇を楽しむように、雇主から言われた時の返答である。私も、どこかで使ってみようと思います。

藍ちゃんの、今後が、更に楽しみです♪

三大甲虫地球最大の決戦

オスのカブトムシ2匹とメスのコクワガタ1匹を、少し大きめなケースで一緒に飼っています。

本当は、オスカブト2匹は、別々の方が良いのですが。

真夜中に、落ち葉がガサガサしている時は、バトルを繰り広げているようです。

私が不在時は、エアコンを停止していますので、彼らも大変だと思います。冷蔵庫か、ペット用の冷却マットでも用意してあげればベターなのでしょうが・・・。

熱中症にならないよう、在宅時は、こまめに?氷を差し入れています。
熱さまシートをケースの周囲や下面に貼ったら、多少は涼しくなるのかな。

子供の頃は、虫カゴに入れて、スイカを与えていましたが、今とは違った意味で、過酷な環境だったようです。

仮面ライダー ダブル 第44話

OPでは、『劇場版』の映像を公開。期待が高まります。まだ、前売り券を購入していませんが・・・ごめんなさい♪

「復讐」の連鎖からは、何も解決しない。シュラウドの「復讐心」の根底にあったのは、フィリップへの「愛」だった。

それを見抜いた照井竜も、著しく成長しているようだ。結果的に、家族を殺されたにも関わらず・・・。

この世界で、究極の悪はテラー。

そして、26本のメモリが揃い、『劇場版』へと直結ですね。

そろそろ地デジ化?

来年の7月24日、テレビのアナログ波が停止する。あと1年、365日となった。

まあ、ブルーレイのレコーダーを購入しようと思っているが、来年の今頃は、テレビも含めて、値下がりしている事だろう。あわてて、購入する必要もないのだ。不在時の予約録画が皆無なら、地デジチューナー単体でも構わないとも思っている。

自分の寿命が、あと何年かと考えた場合、これ以上、モノを増やすのを躊躇するようになってしまった。

コレクションより、プレイバリューを優先するようになったのだ。年をとった証拠かな。

コンパクトサーキュレーター

全国の猛暑。我が家も例外ではなく・・・たまりません。

今回、持ち運びも簡単で、机の上にも簡単に置けるので、㈱シー・シー・ピーのサーキュレーター「MZ-C02-BK」を購入。本当に、軽量です。

ディスカウントショップで、1480円でした。本体には、「【設計上の標準使用期間】:2年」とシールが貼られていますが、親切ですね。安全にも繋がります。

思ったより、音も気にならないので、枕元に置いて使用すれば、蚊に刺される事もありません♪

もう1台?100円ショップで、「キャップ付ハンディ扇風機」を購入しました。備えあれば憂いなしですね。

『ゲゲゲの鬼太郎』読みたいな

『ゲゲゲの女房』を見ていると、『ゲゲゲの鬼太郎』の原作漫画が読みたくなる。これは、私だけではないはずだ。ドラマの進展に伴い、もっと欲求が加速するだろう。

今現在、『鬼太郎』の出版ラッシュは無いようだ。

初めて読んだのは、中学生の時で、小学館の文庫サイズだった。初期は、今見ても恐ろしい絵(画)もあるが、水木しげる先生の執念の賜物かもしれないと、ドラマを見ていると、痛感させられる。

今は無き朝日ソノラマの、サンワイドコミックスから出版された際には、「死神大戦記」や「鬼太郎夜話」などの長編も目にする事ができた。

タイミングを見て、『鬼太郎全集』を出版して欲しいものです。

貸本時代の復刻版(近年、文庫サイズでも出版化)も含めて、30冊位所有していましたが、ある時期に売却してしまいました。
名作は、何度も読み返したいものです♪

PS
第2期のアニメシリーズですが、「あしまがり」は、地上波では、久しく再放送されていないようです。見た記憶が無く、再放送(夏休みには毎年放送していた時期があった)の度にサブタイトルのお手製リストを記していましたが、2回分、抜け落ちています。

巨人首位でユーターン

プロ野球のペナントレース前半戦が、昨日終了した。

巨人は、50勝37敗で首位だが、2位の阪神とは0.5ゲーム差。

7月に入っての投手陣は最悪。ゴンちゃん、オビちゃんも2年目のジンクスなのだろうか、無残な姿である。やはり、プロの世界は厳しいようだ。

選手会長の内海投手を中心に、オールスター明けの後半戦からは、心機一転、勝ち星を重ねて欲しいですね♪

甲斐まり恵ちゃん

元お天気お姉さんだが、現役の宇賀なつみさんに外見が似ており、声は安めぐみちゃんみたいな印象だ。

最近は、写真集やDVDも発売されているが、秋の新番組『仮面ライダーオーズ』にレギュラー出演が決定。

まさか、特撮関係で彼女が見られるとは思いもしませんでした。

スキャンダルが無く(過去の発掘も含めて)、一年間癒しを与えて(くれる役柄なのかな)欲しいですね♪

マニアの憧れ!?

最近、森永卓郎氏をテレビで見かける事が多い。

そう、ポイントの達人であり、スイーツ大好きな人だ。経済の肩書きもあるが、我々にとっては、コレクターの神様のような存在かもしれない。

コレクションのために節約に励んでいるそうだが、コレクションに3000万円、コレクション用の一軒家に8000万円と、計1億1000万円を注ぎ込んでいる。

かなり羨ましい。やはり、コレクションを維持するには、それ相応の経済力が必要という事です。

こういう一面だけを見ると、日本って平和な国なんだと思ってしまいます♪

仮面ライダー ダブル 第43話

話としては、自分のカワイイ娘のために、母親がライバルを陥れる話。ただし、ライダーの世界なので、ドーパントが、その役割を担います。

究極のダブルとは、サイクロンアクセルエクストリーム。イメージ映像だけで終わるかもしれませんが、ソフビのリペイントに食指をそそられます。

翔太郎は、ドーパントのせいで、老人になってしまいました。どちらかといえば、「戦隊」的ですが、『劇場版』でのスケジュールの確保も、兼ねているのでしょう。

シュラウドの正体も公になりそうです。全ては、彼女の復讐心が発端のようです。

PS
お姉様の、ビリヤードでのサービスカットにKOです♪

恩を仇で返す!?

先ほど、飼育ケースの中で、カブトムシが落ち葉を抱えて、もがいていた。そう、ひっくり返っていたのだ。

自力ではダメそうなので起こしてあげようと、捕まえた瞬間に、お尻から茶色い液体が。
近くに置いていた新聞紙まで、勢いよく飛び散っていきました。

勿論、私の手にも。仕方ありませんよね♪

天装戦隊 ゴセイジャー 第22話

ゴセイナイトのかつての因縁の相手、ネッシーのウオボ渦。影を奪うために、太陽の下で戦う、割と正々堂々とした相手?

ボスキャラのように、強そうなデザインです。カタツムリに、手足が生えたようですが・・・。

現代のゴセイジャーを、見習いと評しているが、彼らの成長と共に、ゴセイナイトの成長も描かれているようです。もちろん、精神的な面ですが。

グランドゴセイグレートの登場。ネーミングにも、苦労が伺えます。

何のセミかな!?

何のセミかな!?

速報です。

身体も羽根も、固くなりつつあります。

救えた命

救えた命
昨日、コンクリートの上で、セミの幼虫がひっくり返ってもがいていました。自力では起き上がれないようです。

周りに木の枝がありましたが、夏バテしていたのか、木につかまる力が弱いようです。で、落っこちたのだろうか。取りあえず、網戸に。

綺麗に羽化しています。半透明な時は、神秘的です。夜明けと共に、元気に飛び出して欲しいものです。

実は、もう一匹いたのですが、こちらは、アスファルトの上で、ひっくり返ったまま羽化が始まっていたのか、確保したのですが、途中(頭を半分位出した状態)で動かなくなってしまいました。

ちょっと寂しい気持ちになりました。こちらは、「救えなかった命」でした。

カブトムシ 20100718

カブトムシ20100718
先ほど、黒い影が。もしや、やはり、オスのカブトムシでした。体長は4㎝位で、先日ゲットしたオスにくらべ、少し小さめです。

小さいケースに、今年捕まえた、クワガタのメスと、先日のカブトムシのオスを入れています。

でも、今日のを入れると喧嘩が必至なので、大きめの飼育ケースを、今年も物置から出します。

とりあえず、ワンルームで、一匹暮らしですね。先日の元気なオスを移し替えた方が良いかもしれません。どちらにしても、早く、メスを捕獲しなければなりませんね♪

ミドリフサアンコウ

昨日、深海魚のコーナーがあったので、『所さんのそこんトコロ』を見ていたら、ある場面で大爆笑。

そう、ミドリフサアンコウが登場した瞬間だ。

淡いピンク色で、丸っこい体型。どう見ても、ふくれっ面(のみ)なのだが、小さなお目めに横長のくち。もちろん無表情なのだが、何度見直しても大爆笑。身を守るために、体内に水を取り込んでいる姿なのですが、癒されます。

コウテイペンギンに続くマイブームは、ミドリフサアンコウかな。

ふるさと発スペシャル 地域発ドラマ 農ドル!

本日、NHKで、午後8時から放送され、平田薫ちゃんが主演なので、見てしまいました。『マジレンジャー』で、レッドが思いを寄せる、女子高生を演じていた方ですね。

アイドルの「芸ドル」化が進んでいますが、こういうドラマを見ると、不祥事やトラブルが原因で、路線変更をせざるおえなかった人々も多数いるのだろうと、勝手に想像してしまいます。

「本人です」とかいう、スタッフと区別して発信しているブログもありますが、ちょっと疑わしいものもあるのかもしれません。

内容は、NHKらしく、健全で手堅い作りでした。きっかけはともあれ、農業の魅力を発見したアイドルが、「農ドル」として、自分の進む道を見つけたようです。

薫ちゃんが、お布団の上で寝っ転がっているシーンには、ちょっとドキッとさせられました♪

人造人間キカイダー THE ANIMATION

7月11日から、「BS2」で放送開始の、『人造人間キカイダー THE ANIMATION』。

未見だったので、喜ばしい限りだ。

小学生の頃、実写版を見て、社会人になってから「原作マンガ」を読んだ。その、原作のアニメ版が、本作である。

失敗作として誕生した、ジロー=キカイダー。良心回路(GEMINI)を持った、彼の苦悩と生き様が楽しみです♪  

ММ9

「科特隊」ならぬ、「気特対(気象庁特異生物対策課)」が登場。国家公務員が活躍?するようだ。

「М」と称される、個体(怪獣)は、果たして登場するのだろうか。ナレーターの石坂浩二さんの声が、特撮番組に、安心感を与えてくれます。

まだまだ、作品の全体像は解りませんが、話数を重ねるごとに、楽しめるようです。女性2名が主役なのも、深夜番組らしいですね。

私は、「BS-TBS」で、視聴しています。

カブトムシ20100714

カブトムシ20100714
今年、初めてのオスのカブトムシ。体長は、5㎝位です。元気に動き回るので、写真がブレています。

雨上がりで、出て来たのかな。

必殺仕事人2010

スペシャルドラマとして、7月10日に放送された。

劇中では、中村主水は生かされたままである。これは、賢明な処置だと思う。今後、彼抜きを前提にして番組が制作される場合も、ライブフィルムを使っての、「存在」が可能だからである。

でも、やはり、「仕事人」の何かが欠けている、今回でした。

美男美女を集めたキャスティングでは、私も含めて、おじさん世代には、ちょっと・・・ですね。

谷村美月ちゃんは、綺麗になりましたね。

内容は、事業仕分けがネタでした♪

『スタジオパークから こんにちは』に村上弘明さん

昨日(7月12日)の、『スタパこん』に、村上弘明さんが出演、テレビのラテ欄には、「心の師 藤田まこと」の文字も。

プロフィールでは、『仮面ライダー』も、しっかりと紹介されていました。『ゲゲゲの女房』の番宣も、もちろん兼ねています。

「村上弘明の原点」として、藤田まこと氏とのエピソードを紹介。撮影現場に遅刻して、怒鳴られたそうですが、山田五十鈴さんの手前。これは、スポーツ紙でも、村上氏のコメントとして紹介されていましたので、有名ですね。

50代になって、スキーを始められたそうです♪

次のゲスト(本日)は、細川茂樹さんです。結果的に、ライダー繋がりです。

仮面ライダー ダブル 第42話

さすがは、長谷川圭一さんの脚本。ドーパントは、別の人物でした。

刑事さんの過去に、翔太郎とゲスト女性のエピソードを共に絡めて、内容にも厚みが。

取って付けたような、サブキャラの扱いではないので、刑事さんの浮き彫りにされた人柄(騙され上手)も含めて、好感が持てます。

星の本棚での、若菜とフィリップの絡み。フィリップのシンクロ率を50%にした展開は、「ダブル」の設定を上手く生かした、「逆転の発想」。お見事です♪

天使のわけまえ

観月ありさちゃん主演の、NHKの連続ドラマ。全5回なので、気楽に見れそう。7月6日にスタートしました。

婚約者にドロンされて、息子を置き土産?に、同居生活。きっと、ある意味で素敵な理由があるとは思いますが・・・。

交通整理の警備員になり、彼女の作ったお弁当に、ゾロゾロと集まって来る周囲の労働者。爆笑でした。

でも、美味しいものを作れる人、それを食べたいと思う人に、悪い人はいないという事ですね♪

幼い女の子も、楽しそうな集まり(観月ありさちゃん演じる、男に逃げられた、35才の女性を励ます会なので、めでたい席ではないのですが)に近寄って来たのも、同様だろう。
美味しい食べ物が、周囲をハッピーな気持ちにさせてくれるドラマのようですね。

しっかりとした演技が出来る、綺麗な観月ありさちゃんを見ているだけで、こちらもハッピーです。

早速、本日の夕方4時45分から、再放送があります。これは、相撲中継中止の、嬉しい誤算かな。

大相撲名古屋場所 放送中止

「PRIDE」と同じ運命を辿るのだろうか。放映権料が無くなると、ダメージは計り知れない。今回は、CSに活路を見出だす事もできない。

年配のファンも多いのだが、DVDの発売は・・・。

決まり手を確認する「ビデオ判定」も、中止に。

今まで、当たり前だと思っていた事が、すべて根底から崩壊してしまった。

毒蝮三太夫氏が、朝日新聞でコメントを寄せていた。大相撲も、プロレスのように株式会社にすれば良いと。

安易な引き合いかもしれませんが、部屋毎に、リングに殴り込みなんてのも、海外(WWE)なら受けるかもしれませんね。

かつては、又羽黒(北尾光司)が悪者扱いされていましたが、相撲界での「悪しき伝統」を、垣間見ていたのかな、とも思ってしまいます。

超新星 フラッシュマン DVD 第3巻

見ていて楽しいのは、第23話「お願いドキドキ!」だろう。サラの水着(ワンピース)が、お勧め♪

本放送当時、何かのスチール写真で、サラが嬉しそうに筍(竹ノ子)を持っていたと思っていたのですが、あれは、獣戦士の角だったんですね。大きな、勘違いをしていました。

超豪華!!スタア同窓会「まだ君に恋してる」

7月6日に、放送されました。ラテ欄の「特撮ヒロイン赤恥戦」に、ちょっと期待感。

番組内では、「特撮!正義の味方同窓会」として紹介されていた。

出演者も、島崎和歌子、加藤夏希、さとう珠緒、叶和貴子、杉浦太陽、西村和彦氏の、計6名と、豪華なメンバー。出演者が、テーマに沿って各番組のエピソードを語るのだ。

『ウルトラマンコスモス』の、コスモプラックが、100万円だったのには驚かされました。

『超獣戦隊ライブマン』の、西村和彦氏が、この手の番組に出演するのは、珍しいのかな。好感が持てます。

叶和貴子さんの出演も、番組に厚みが増します。過去の芸歴を「封印」する方達とは対照的です。

恐怖のイニシャルトーク「私は知ってる この人のウラの顔」は、やばい内容もあったのか、2人しか放送されませんでした。

PS 『超力戦隊オーレンジャー』は、メンバー間の仲が悪かった(派閥分け)そうですが、イエローとブルー(推測)は❤だったんですね。

明日の光をつかめ

広瀬アリスちゃんが、最年少ヒロインを演じる、7月5日にスタートした、フジ系列の、昼の帯ドラだ。

放映開始前に、番宣スペシャルも放映されていたが、境遇が正反対の男女が、惹かれあう物語のようだ。

タイトルが微妙な長さなのだが、「あした」ではなく、「あすの光をつかめ」。どちらにしても、教育テレビの番組名や、平成ウルトラシリーズの、サブタイトルみたくもあります。

「平成のタックル」を演じたアリスちゃんに注目ですが、話が進むと、早送りで、彼女のシーンだけを見るかもしれません♪

天装戦隊ゴセイジャー第21話

「エリ丼」

朝はちょっと・・・。味は良いそうですが。

幽魔獣により、ケガをしてしまった店長さん。予約のバースデーケーキを、エリが代わりに作る事に。でも、ケーキのスポンジが丸焦げに。それを、幽魔獣のせいにしてはいけません♪

エリの一時的な戦線離脱をとがめる、ゴセイナイト。エリが卵を買いに行った、スーパーの前だったので、不思議な光景でした。

ゴセイフェニックスによる、幽魔獣の「股間への攻撃(チーン!!)」は、島田珠代(吉本新喜劇)さんみたいでした。定番のギャグ(攻撃)にしてほしいものです。

「基本に忠実」に、それを踏まえた上でのパーソナルカラーの発揮には、かないませんね。

エリちゃんがメインの、華麗なるお話でした。ゴセイピンクへの変身シーンが、ワンカット追加されていましたが、初出かな?最近、記憶力に自信が・・・。

仮面ライダー ダブル 第41話

若菜の、「星の本棚」への自由な出入りは、フィリップの検索結果の閲覧を、阻止する事にも繋がっている。

冴子の反撃に役立つメモリの存在。手に入れられるのだろうか。

かなりの強敵の出現。ダイヤモンドのドーパントには、エクストリームマキシマムドライブも通じない。

翔太郎と亜希子以外のレギュラー陣の尺が短いようだが、『劇場版』の撮影と同時期だったのかな。

「中学生日記」に上原美優ちゃん 

なぜか、いや、どうしても見てしまいます。新聞のラテ欄で、「上原美優登場!」なんて目にすると。昨日の事です。

中学のカウンセリングの先生で、植田美優という名前。しかも、大家族。ちゃんと、本人にオーバーラップするように設定しています。結構、セリフも多い。

「7月3日の憂鬱 前編」とのサブタイトル通り、次週へと続きます。

内容は、自殺予告のメールを受けての、犯人(当事者)探し。発信者は、家族の中での、妹に対するコンプレックスから生じたもの。

リアルタイム(自分が中学生の時)で、「中学生日記」を見ていた記憶は無いが、テーマは、その時代に応じたもの。

「道徳」って、結構テレビ番組から学ぶ事が多かったですね。『帰ってきたウルトラマン』、第33話「怪獣使いと少年」が、印象に残っています♪

ハイパーホビー 2010 年 8月号

今月号は、「ライダー&戦隊」の劇場版関連の嵐。新しい玩具が怒涛の如く紹介されているが、大量消費時代の再来のようだ。

ひとつのキャラの、カテゴリが細分化されているのは歓迎だが、オールコンプが叶わぬのが、悲しい現状だ。

『劇場版ダブル』に登場する、『仮面ライダーオーズ』は、秋スタートの新番組でしょうね。ダブルオー(キカイダー)からの語呂合わせ&ダブルの次は、トリプル(メダル、能力)のようです。

『ウルトラマンゼロ』の劇場版も、変身アイテム、ブレスレット共に、玩具の匂いがプンプンしています。

久々に、別冊付録「超電王トリロジー」のストーリーガイドが付いています。

平成ライダーベスト10

思いつくままに、勝手にBEST10です。2000年以降の10作品で、現行の『ダブル』は除きます。

第1位『龍騎』

俳優陣にも恵まれ、多種多彩なライダーは魅力満載。リメークの『ドラゴンナイト』もあり、2度楽しめます。

第2位『555』

なりきり玩具にリアリティを持たせてくれました。

第3位『ディケイド』

イベント性の勝利ですね。今だに理解出来ない箇所が多々ありますが、最初から見直すまでのお楽しみ?

第4位『アギト』

最初から、伏線が散りばめられた大河ドラマ。近年の、要潤さんの、さりげない活躍は好感度が高いですね。

第5位『カブト』

絶対的な自信を持った、主人公の勝利?

第6位『クウガ』

リセット第1作のため、基本に忠実。御祝儀を兼ねたお祭り騒ぎで、玩具も売れまくっていました。内容は、ちょっと辛気臭いというか、説明的なセリフが気になりました。

第7位『電王』

ヒロインの白鳥百合子さんの、途中降板が「痛い」。今、現在も「新作」が制作されているだけに、余計にです。でも、本作を見続けていると、やはりメインは、着ぐるみのキャラ(ライダー、怪人)だと、思い知らされます。

第8位『キバ』

設定の20年前の、平行世界(時代)を知っている者にとっては、楽しみ方も多し。

第9位『響鬼』

「新生ライダー」としては、途中でプロデューサーが交代、路線変更ありと、評価が定まり難い。

第10位『剣』

当初は、これで平成ライダーの幕引き予定のため、かつての作品の良いとこ取りでしたが、ドラマ的に、見ていてしんどかった。閉塞感に、苛まれました。

正直、第5位から第9位までは、横並びです♪

ウルトラマン80 DVD  30周年メモリアル BOX Ⅰ

遂にDVD化された、『ウルトラマン80』。今後、単品発売されるのかは不明だが、ブックタイプのクリアケースに、まとめて収納されています。

第1話の次回予告が、収録されていない。前作の『ザ☆ウルトラマン』最終回の時に放映されたと思っていたが、リアルタイムで見ていたのに、記憶が曖昧です。ボケが始まっているのだろうか。

また、DVDの次回予告は、本編終了後に収録されているのだが、音声選択のメニュー画面でも、見る事が出来る。

初期の怪獣は、白目ではなく、赤目の怪獣が多いようです。

何かと不評の「先生編」だが、事件への遭遇の窓口としては違和感なく、その機能を果たしていると思います。当時を知る者として、時代の流れが、考え方を改めさせてくれたのかもしれません。

現在、第10話まで鑑賞しましたが、豪華ハードカバー仕様の解説書&ブロマイド(未読&未開封)と共に、「BOX Ⅱ」の発売日まで、じっくりと楽しもうと思います。

ブロマイドのアルバムは、当時の駄菓子屋風で、懐かしいですね♪

シュンCan Cooler

シュンCan Cooler
「缶飲料電動急速冷却器」を購入した。

中国製だが、ディスカウントショップで、なんと50円でした。

単4電池を2本使用しますが、これも付属しています。

缶をセットし、氷を入れスイッチON。モーターで下部のゴムが付いている軸が回転し、約2分で、冷たくなりました。

難点は、最大350㎜l缶までしかセット出来ない事かな。

でも、50円にしては立派なもの。100円ショップでも、あれば購入しますね♪

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

広告

無料ブログはココログ