カテゴリー

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

特撮関係

社会人になる時、履歴書の「趣味」の欄に「特撮関係」と書きました。

またまだ、「特撮」という言葉が認知されていない時代でしたので、面接担当の方から、突っ込まれました。

本当は、「怪獣関係」との意味だったのですが、さすがに「怪獣」はNGワードだと思ったからです。

「特撮関係」の映画監督になりたいと答えたのが良かったのか、無事に採用されました。

しかも、「入社式」では、新入社員を代表して、「誓いの言葉」を述べる事に・・・。

あのスターに もう一度逢いたい 力道山 日本を沸かせた‘‘空手チョップ’’

一番、印象に残ったのは、王者ルー・テーズに初めて挑戦した、昭和28(1953)年の、世界ヘビー級選手権の映像。

変形バックドロップと紹介されていたが、肩口に持ち上げて叩き付ける、パワーポムのような技でした。

必殺仕事人2016

2016年9月25日(日) 21:00~23:10

当日の朝、新聞のラテ欄で発見し、見逃さずにすみました。

スペシャルドラマとして、年に1回でも「新作」が見られる事に感謝。

仮面ライダーアマゾンズ 第13話

「シーズン2」を見越しての、最終回。

悠は、アマゾン細胞に、人の遺伝子(水澤本部長)を与えたものだった。

「アマゾン(不特定多数のムシ)<鷹山<悠」の構図です。

仮面ライダーゴースト 第50話

ジャベルは、御成の元で修行する事に。

タケルは、半年ぶりに高校へ。

アユムは、黒いエグゼイドからシャカリキスポーツガシャットを奪う。

スペクターとネクロムは、黒いエグゼイドと激突するが、エグゼイドは消滅。

マコトとカノンは、アランと共に眼魔の世界へ。

本物のエグゼイドが登場し、ゴーストと共闘。

謎の敵からアユムを守り、誤解も解ける。

アユムは、タケルの未来の息子のようですね(口の動きから・・・)。

仙人は、大天空寺の新住職に。

御成は、「不可思議現象研究所」に専念する事に。

動物戦隊ジュウオウジャー 第31話

奥では、ギフトカスタムとワイルドトウサイキングの激突。

その手前に、キューブホエール。

最前列で、バングレイとジュウオウゴリラの戦い。

短い尺でしたが、素晴らしいカットですね。

バングレイの猛攻から、身を挺してジュウオウホエールを守るジュウオウイーグル。

遂に、ジュウオウホエールが応えてくれた。

動物変形し、ドデカイオーへと姿を変える。

ギフトカスタムを撃破するのだった。

ウルトラマンオーブ 第12話 黒き王の祝福

夢野圭子(ナオミの母親)は居座り、「SSP」の一員として出動。

タマユラ姫を探すために、同行したのだ。

荒れた大地に種を植え、水をやると、そこからタマユラ姫が復活したのだ。

母親は単なるゲストキャラではなく、「オーブの世界」の重要なカギを握っていました。

大魔王獣マガオロチも、活動を再開。

マガオロチを封印していたゾフィーのカードとベリアルのカードを、タマユラ姫から託されたガイ。

「光」(ゾフィー)と「闇」(ベリアル)のカードを使い変身しようとするが、「ベリアル」のカードはリード出来ず、はじかれてしまう。

マガオロチの動きを封じていたタマユラ姫が、消滅。

ガイの怒りが、「最後の希望」でもある、ベリアルのカードをリードさせる事に成功。

ウルトラマンオーブサンダーブレスターに、フュージョンアップ。

荒々しいファイトスタイルで、マガオロチを撃破。

打ちひしがれたジャグラーは負けを認め、ウルトラフュージョンカードホルダーをガイに返却。

ガイのハーモニカのメロディに「ザワザワ」する気持ちを感じた、母親の表情が気になります。

「ガイのウルトラヒーロー大研究」は、ウルトラマンベリアルとブラックキングのカードを紹介。

黒豆たっぷり 丸大豆せんべい

「三幸製菓」の商品です。

たまに、「期間限定 今ならお得!1枚増量」で、計12枚の時があり、嬉しいですね。

こちら葛飾区 亀有公園前派出所 第200巻  通常版

カバーは、銀ピカ。

今回は、発行部数の少ない通常版をチョイス。

191巻から収録話数を増やし、何とか200巻での完結にした事に意味があるのだろうか。

連載、増刊の未収録話数もあるのだ。

ラストエピソードは『週刊 少年ジャンプ』との「同時中継」で、「オチ」だけを変えたとの事ですが、同日発売での収録を考えると、予想通りでした。

いつでも「再開」出来る終わり方なので、「読み切り」での新作もありそうですね。

WEBでの、発表とか。

仮面ライダーアマゾンズ 第12話

「Tlaloc System」を、遂に発動。

水澤本部長の、意に反して。

マモルはモグラアマゾンに姿を変え、空腹に耐え切れず、三崎の左腕を食いちぎってしまった・・・。

ザ・インタビュー~トップランナーの肖像~ 

2016年9月17日(土)

18:00~18:54

BS朝日

藤岡弘、氏が登場。

『仮面ライダー1号』の映像も、紹介。

一番印象に残ったのは、紛争地域、難民キャンプの過酷な現実を突き付けられた事でした。

仮面ライダーゴースト 第49話

タケルに「残された時間は1日」。

OP主題歌は、無し。

いきなり、頭部の黒い仮面ライダーエグゼイドが登場。

ただし、目撃したのはディープスペクターとネクロムのみ。

グレートアイザー(エクストリーマーの色違い?)を撃破した、ゴースト。

仙人とユルセンはアイコンの姿になり、消滅。

だが、仙人は実体として蘇った。

ユルセンの本当の姿は、猫でした。

タケルも、蘇るのでした。

EDに、OP主題歌を使用。

動物戦隊ジュウオウジャー 第30話

「4」、「3」、「5」、「6」、ジュウオウワイルドスペシャルが登場。

足が長くなりました。

久々に、キューブパンダも出現。

そして、キューブホエールが海上に姿を現す。

伝説の巨獣が、遂に出現したのだが、実はジニスも狙っていたのだ。

しかし、敵味方の区別がつかなようで、デスガリアン、バングレイ、ジュウオウジャーを攻撃し、空の彼方へと姿を消すのだった。

ウルトラマンオーブ 第11話 大変!ママが来た!

いきなりの、ナオミの入浴シーン。

ナオミの結婚相手に選ばれたのは、ガイ。

もちろん、お芝居ですが、母親の夢野圭子を納得させる言い訳のためだ。

だが、そこにジャグラスが姿を現し、違った意味で大パニックに。

タマユラ姫の予言通り、大魔王獣マガオロチが出現。

オーブは撃破され、フュージョンカードホルダーも、ジャグラスに奪われてしまった。

「ガイのウルトラヒーロー 大研究」は、ゾフィーとマガオロチのカードを紹介。

ピーナッツ入り 柿の種

ピーナッツ入り柿の種

トップバリューの、リニューアル商品。

それとも、新商品なのかな。

量を減らして、価格を維持しているのでしょうか。

税込みで、97円です。

こちら葛飾区亀有公園前派出所 第200巻 店頭予約

NHKでも取り上げられた、『こち亀』200巻完結のニュース。

とりあえず、通常版を予約してきました。

近所の書店の入荷予定は、特装版が60冊、通常版が11冊でした。

ちなみに、特装版の予約は、まだ2冊だそうです。

『週刊少年ジャンプ』42号も、即売なのでしょうね。

連載最後のエピソードは、コミックス未収録になるのでしょうか。

仮面ライダーアマゾンズ 第11話

アマゾンシグマの猛攻に倒れた悠だったが、驚異的な回復力で蘇生。

アマゾンシグマは、アマゾンアルファとオメガと駆除班の共闘により、駆除されるのだった。

仮面ライダーゴースト 第48話

タケルに「残された時間は2日」。

イゴール、まさかの・・・。

アカリと御成を、身を挺しての消滅。

アカリのビンタは、アデルと繋がっていたイゴールをも正気に戻していたからだ。

ネクロムは、パーフェクト・ガンマイザー(アデル)共々自爆しようとするが、寸前で躊躇。

マコトも、身を挺してアデルからタケルを守る。

息を引き取る寸前に、もう1人が一心同体となり、本物のマコトは息を吹き返す。

アデルを取り込んだガンマイザーを、タケルは撃破。

だが、もう1人のマコトが持っていたディープスペクターアイコンが、フレイヤを取り込み仮面ライダーエクストリーマーが姿を現す。

動物戦隊ジュウオウジャー 第29話

スーパー戦隊シリーズ放送2000回。

『ジャッカー電撃隊』と『バトルフィーバーJ』の間に、若干の空白期間はあるものの、継続は力なり。

大和は、ジュウオウホエールへと更に本能覚醒。

ゴーカイジャーも、これでもかとばかりにゴーカイチェンジ。

『戦隊VSシリーズ』並みの、豪華な内容でした。

継続作品の『VS』でなくても可能な事を、示唆してもくれました。

ナビィ、置いて行かれました・・・。 

ドカベン ドリームトーナメント編 第23巻

「福岡ソフトバンクホークス」対「京都ウォーリアーズ」

2回表のウォーリアーズの攻撃から、4回の表までを収録。

2対2の同点だ。

遂に、池畑三四郎が大回転投法を放つ。

微笑は三振に取られ、2打席連続のホームランはならず。

でも、その前に、九郎さんがホームランを放ちました。

ウルトラマンオーブ 第10話 ジャグラー死す!

『惑星侵略連合』の首領、メフィラス星人ノストラが持つウルトラマンベリアルのカード。

ジャグラーがオーブを倒し、ウルトラマン6枚のカードを手に入れたら、それと交換しようというのだ。

ジャグラーが6体の魔王獣を復活させたのは、大魔王獣オロチを復活させるためだった。

ガイは、それを知っていた。

ナックル星人ナグスは、背後からジャグラーを銃撃。

なんと、ジャグラーは人間体のまま大爆発。

ブラックキングにオーブを倒させ、6枚のカードを奪うように命じるメフィラス星人ノストラ。

だが、ブラックキングはオーブバーンマイトに撃破される。

しかも、ジャグラーは生きていた。

ナックル星人ナグスを背後から一刺しし、メフィラス星人ノストラの前に、遂に真の姿を現す。

そして、メフィラス星人ノストラを倒し、ウルトラマンベリアルのカードをも手に入れる。

「ガイのウルトラヒーロー大研究」は、ウルトラマンマックスとジャグラーのカードを紹介。

少し涼しくなってきました

夜、外に出ると涼しい。

室内よりも、快適みたいですね。

休日に、爆睡。

本日、午後よりお昼寝・・・。

疲れが溜まって、抜けません。

日本特撮技術大全 読了

誤字脱字、情報の誤記が若干見受けられたのは残念だが、大きな「節目」となる書籍です。

特撮に対する認識、どう捉えるのかと共に、過去の「事実」が当事者により多くの証言として掲載されています。

「トリック」から「特撮」と呼称が変更。

円谷英二特技監督の事も、多く語られていました。

技術面だけではなく、人柄を伺い知る事も出来ます。

私にとっての特撮とは、やはり「怪獣」ありきが根幹になっていると思いました。

仮面ライダーアマゾンズ 第10話

アマゾン細胞を、死んだ人間に移植。

かつて駆除班にいた前原が、その研究でアマゾンシグマに。

しかも、仁に言わせれば新バージョンのアマゾン細胞で、「喰う」必要が無いそうだ。

仮面ライダーゴースト 第47話

タケルに「残された時間は3日」。

タケルの父親を殺したのは、アデルだった。

仙人はダークゴーストに変身し、モノリスのゲートと繋がるのを手助けする。

動物戦隊ジュウオウジャー 第28話

スーパー戦隊シリーズ、1999回目にあたるのが本話。

ゴーカイジャーが客演。

ジューマンのご先祖様であるケタスが語る、「ジューランドの歴史」。

かつては、ジュウオウホエールとして戦い、キューブホエールをも手にしていた。

ジューマンの大王となり、ジューランドを作ったのだ。

一方、伊狩凱はトッキュウジャー(子供)の5人からレンジャーキーを集めていた。

オリジナルの子供5人だが、後ろ姿のみだったので、OPにテロップ表記がなかったようだ。

大王者の資格を強奪したゴーカイレッドは、ジュウオウイーグルを蹴散らそうとしている。

マーベラスは変身。

凱は人間体のみ。

ゴーカイブルー、イエロー、グリーン、ピンクは変身体のみの登場だが、声はオリジナル。

ゴーカイチェンジも、多彩でした。

EDは「スーパー戦隊ヒーローゲッター2016」で、新撮映像に。

クイズの正解も、4色全てOKの大盤振る舞い!

ウルトラマンオーブ 第9話 ニセモノのブルース

「宇宙指令M774」とは、「宇宙侵略連合」がババルウ星人ババリューに命じた作戦で、オーブと人間の信頼関係を壊す事を目的としている。

ババルウ星人ババリューはオーブスペシウムゼペリオンへと姿を変え、悪事を働こうとするが、その時にテレスドンが出現。

想定外の出来事だが、自分の身を守るために、テレスドンを追い払うハメに。

ジェッタに、変身解除後の金髪の姿を見られた人間体は、ババリュウジと名乗る。

オーブの正体として子供たちに慕われるババリューは、ヒーローとして生きようとするが、ジャグラーがケルビムを差し向ける。

ババルウ星人の姿をさらけ出された彼は、ジェッタや子供たちに詫びる。

だが、子供たちはババルウ星人に声援を送る。

このババルウ星人の個体は、紛れもなくヒーローなのだ。

そして、本物のオーブが登場し、ケルビムを撃破。

等身大の姿に戻ったババルウ星人は、ジェッタ達から感謝の言葉を受け、何処へかと姿を消す。

黒髪になり、作業員として働いてるようで安心しました。

ガイの目は、誤魔化せないです。

まだまだ、こんな「切り口」があったんですね。

秀逸なエピソードでした。

「ガイのウルトラヒーロー大研究」は、ウルトラマンコスモスとケルビムのカードから紹介。

PS

少年時代のジェッタの父親役の山崎勝之さんは、平成『ウルトラセブン』でカザモリ隊員を演じていましたね。

睡眠不足

最近、いろいろとあって睡眠不足です。

夜も眠れない。

その分、お昼寝ばかりしています。

と、いうのは「吉本新喜劇」の浅香あき恵さんのセリフですが・・・。

ほんと、昼寝もたくさんしたいものです。

仮面ライダーアマゾンズ 第9話

アマゾン実験体の中には、自制心のある者も多数存在していた。

彼らは、互いに支え合いながら「食事」を。

そして、アマゾンシグマが仁の前に姿を現した。

野座間製薬が以前身柄を拘束した際に、仁のベルトのデータを解析していたのだ。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

広告

無料ブログはココログ