カテゴリー

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

動物戦隊ジュウオウジャー 第36話

クバルは、切断したバングレイの右腕を、自らに同化させていた。

今回は、ハロウィンがテーマ。

メンバーのコスプレが、楽しめます。

EDの歌詞が、一番に戻っていました。

ウルトラマンオーブ 第17話 復活の聖剣

ナターシャは、奈緒美のおばあちゃんだった。

ナターシャは、マガゼットンの犠牲にはなっていなかったのだ。

ブランクカードが、オーブオリジンのカードへと変化。

そして、合体魔王獣ゼッパンドの尻尾から、オーブカリバーが現出。

オーブは、オーブオリジンの姿を取り戻す。

オーブカリバーが新必殺武器ではなく、本来所有していたものだったのも良いですね。

ゼッパンドンが破れ、ジャグラーのダークリングは消滅。

「ガイのウルトラヒーロー大研究」は、オーブオリジンとゼッパンドンのカードを紹介。

日本ハム 日本一

日本ハムファイターズが、10年振り、3回目の日本一に。

栗山監督、おめでとうございます。

対広島カープ戦、2連敗からの4連勝でした。

11.5ゲーム差をひっくり返してからの、パリーグ優勝は圧巻で、その実力は本物でした。

完成!ミニプラ動物合体シリーズ05 ドデカイオー


背面です。

完成!ミニプラ動物合体シリーズ05 ドデカイオー 


赤と青の大胆な配色です。

ジュウオウバスターと同じカラーリングに、統一されているようですね。

タイガーマスクW 第3話 虎の遺産

2人のタイガー、誕生の秘密が明らかに。

藤井タクマ は、イエローデビルにスカウトされ「虎の穴」へ。

まだ、ミスターXが健在でした。

タクマは、ミスターXと遭遇していたのだ。

イエローデビルは、タクマの父親を再起不能にした相手にも関わらず、タクマは敵の懐に飛び込んだのだ。

東ナオトは、解散した「ジパングプロレス」に姿を現した高岡拳太郎に声をかけられたのだった。

高岡は、万が一に備えて設備面も準備していたのだった。

万が一とは、もちろん「虎の穴」の復活だ。

そして、赤き死の仮面レッドデスマスクが来日。

仮面ライダーエグゼイド 第4話

胡散臭い男、九条貴利矢が登場。

監察医だが、永夢のガシャットを大我から取り戻す。

仮面ライダーレーザーに変身。

バイク形態へと姿を変えるが、乗り手が必要なのだ。

結局は、永夢を裏切るのだった。

完成!ミニプラ動物合体シリーズ05 ドデカイオー キューブホエール 動物モード 


完成度が、高いですね。

動物戦隊ジュウオウジャー 第35話

仲間とジュウオウホエールにより、大和は救出された。

ウバルは、バングレイに牙を剥き、反旗を翻す。

ウバルが切断した、バングレイの右腕が気になります。

バングレイ復活への、伏線のような気もします。

ワイルドトウサイドデカキングが登場。

そして、バングレイの最後。

ジニスの登場は、無し。

ウルトラマンオーブ 第16話 忘れられない場所

夢野圭子が、早くも再々登場。

合成魔王獣ゼッパンドンが出現。

ルサールカを100年振りに訪れていたガイの目前で、ジャグラーが誕生させたのだ。

切断されたマガオロチの尻尾と、ゼットンとパンドンのカードをリードして。

ゼッパンドンは強い。

ベリアルのカードは使いたくないのだが、オーブバーンマイトの、ストリウムダイナマイトでも敵わない。

ガイの前に姿を現したナターシャ~ナオミは、ガイにブランク状態のカードを手渡す。

「夢」の出来事のようだが、ガイの手にはカードが握られていたのだ。

「ガイのウルトラヒーロー大研究」は、ウルトラマンガイアと魔王獣(5体)のカードを紹介。

完成!ミニプラ動物合体シリーズ05 ドデカイオー キューブホエール 


横幅は、16cm位あります。

新 仮面ライダーSPIRITS 第14巻

V3が、何とか復活。

スケルトンヴァージョンだ。

本郷健と緑川ルリ子が、遂に再会。

今は、同じ目的に向かって共に戦う事に。

完成!ミニプラ動物合体シリーズ05 ドデカイオー 6.キューブホエールF 


巨大なモリと合体用の補助パーツです。

ミニプラ動物合体シリーズ05 ドデカイオー 6.キューブホエールF 中身確認


ランナーが三枚と銀ピカシールが一枚。

ワイルドトウサイデカキングへの変形合体の説明書入りです。

完成!ミニプラ動物合体シリーズ05 ドデカイオー 5.キューブホエールE 


こちらも、胴体です。

ミニプラ動物合体シリーズ05 ドデカイオー 5.キューブホエールE 中身確認


ランナーが二枚のみで、銀ピカシールはありません。

完成!ミニプラ動物合体シリーズ05 ドデカイオー 4.キューブホエールD 


胴体のパーツです。

ミニプラ動物合体シリーズ05 ドデカイオー 4.キューブホエールD 中身確認


ランナーが三枚のみで、銀ピカシールはありません。。

ハイパーホビー キャラクターランド VOL.9

今号で、定期刊行は最後。

今後は、不定期に企画されるそうです。

出版の世界の厳しさを、痛感させられます。

速報性では、ネットには敵いませんね。

完成!ミニプラ動物合体シリーズ05 ドデカイオー 3.キューブホエールC 

完成

胴体ですね。

ミニプラ動物合体シリーズ05 ドデカイオー 3.キューブホエールC 中身確認


ランナーが二枚、パーツが一個、銀ピカシールが一枚。

タイガーマスクW 第2話 虎とライオン

タイガーマスクとブラック・パイソンの前哨戦。

「タイガーマスク、若松龍 対 ブラック・パイソン、タイガー・ザ・ダーク」のタッグマッチとして開催された。

だが、新日本プロレスのヤングライオンである若松龍が、結果的にパイソンにフォール勝ち。

タッグマッチ初陣のタイガーマスクだったが、見事に勝利。

結果、タイガーマスクとブラック・パイソンのシングル対決は中止に。

次なる刺客は、赤き死の仮面だ。

ブラック・パイソンと言い、赤き死の仮面と言い、『タイガーマスク』を知る者にとっては、2代目的な存在で、嬉しいですね。

デザインは、かなり現代風に変更されています。

仮面ライダーエグゼイド 第3話

第3のライダー、スナイプが登場。

スナイパーですね。

5年前からの、因縁の元医者だ。

永夢とは、ガシャツトを懸け争奪戦に。

今回は、ブレイブも含め激突するものの、子供を救うために3人が共闘する一面も。

坂本浩一監督でした。

動物戦隊ジュウオウジャー 第34話

バングレイから、キューブホエールを守るため作戦を開始。

だが、クバルの記憶からニセモノのジュウオウジャーが出現。

ジュウオウイーグル対ニセモノのジュウオウゴリラの対決も実現。

ジュウオウジャーは敗れ、大和はバングレイ達に連れ去られてしまう。

ジュウオウホエールとの交換なら、応じるというのだ。

ウルトラマンオーブ 第15話 ネバー・セイ・ネバー

圧倒的な強さを誇る、ギャラクトロン。

オーブは遂に、サンダーブレスターへと姿を変える。

残虐なファィトスタイルで、ギャラクトロンを葬るも、ビートル機を撃沈させ、ナオミは爆発の際に瀕死の重症を負う。

ナオミは、奇跡的に意識を取り戻すが、ガイは背を向けて何処へかと姿を消す。

一度は手放した、「ベリアルのカード」を回収して。

「闇の力」を、「光」で照らす為に・・・。

「ガイのウルトラヒーロー大研究」は、「ウルトラマンティガ」と「ギャラクトロン」のカードを紹介。

完成!ミニプラ動物合体シリーズ05 ドデカイオー 2.キューブホエールB 

完成!

胸部ですね。

ミニプラ動物合体シリーズ05 ドデカイオー 2.キューブホエールB 中身確認


ランナーが三枚、分割済みのパーツが二個、銀ピカシールが一枚です。

完成!ミニプラ動物合体シリーズ05 ドデカイオー 1.キューブホエールA 

完成!

頭部と両腕ですね。

ミニプラ動物合体シリーズ05 ドデカイオー 1.キューブホエールA 中身確認

ミニプラ動物合体シリーズ05

ランナーが三枚と銀ピカシールが一枚。

ミニプラ動物合体シリーズ05   ドデカイオー(全6種)

 ミニプラ動物合体シリーズ05

近所のディスカウントショップで、一箱300円(税込)で購入。

タイガーマスクW 第1話 二頭の虎

『タイガーマスク』、『タイガーマスク二世』の続編。

時代の流れか、「虎の穴」のエージェントは、女性でミスX。

イエローデビルなる、アニメオリジナルの新キャラも登場。

3年前に、ターニングポイントとなる事件があったのだ。

タイガーマスクとタイガーザ・ダ・ークの2人の「タイガー」の物語がスタート。

高岡拳太郎の声が、オリジナルのままで、田中亮一氏なのも嬉しいですね。

仮面ライダーエグゼイド 第2話

LEVELに応じて、目的が異なるための姿の変化。

強くなれば、今までの姿は必要ないという訳ではないのだ。

第2話にして、第2のライダーブレイブが登場。

しかも、院長の息子という強い立場でもある。

黒色のエグゼイドの存在は、明日那達も知らないようだ。

動物戦隊ジュウオウジャー 第33話

悪嵯流怒部屋のスモートロンは、他者に廻し(相撲)を着けさせる能力を持っている。

そして、四股を踏ませたり突っ張りも練習をさせてしまうのだ。

操は、かつて「天下町内すもう大会 青年の部」に出場の経験あり。

スモートロンは勝つ度に昇進するのだが、満を持して登場したジュウオウホワイトに敗れるのでした。

ウルトラマンオーブ 第14話 暴走する正義

OP&ED主題歌の歌詞が、2番に変更。

2クール目に、突入です。

シビルジャッジメンター ギャラクトロンが出現。

この地球をリセットし、良い世界を築こうとしているようだが、「独善」のようだ。

ナオミが体内に取り込まれ、オーブは尻尾でどてっ腹を貫かれてしまった。

今回は、シン君がメイン的な内容でもあり、前後編のようです。

ギャラクトロンは、優雅なデザインで綺麗ですね。

白い、メカゴモラみたいな感じです。

「ガイのウルトラヒーロー大研究」は、ウルトラセブンとマガゼットンのカードを紹介。

BS朝日 ザ・ドキュメンタリー「藤田まこと~番狂わせの役者人生~」 

2016年10月6日(木曜日) 19:00~20:54 BS朝日

藤田まこと氏を特集。

懐かしい映像を交え、氏の生涯を紹介。

「必殺シリーズ」の関連映像には、鳥肌が立ちます。

『必殺仕事人2009』の撮影に取り組む、「命」を懸けた姿には、今更ながらに涙を禁じ終えません。

もっともっと、長生きして欲しかったです。

BS朝日では、平日の夕方に「必殺シリーズ」が放送されていますが、何度見ても飽きませんね。

アナザーストーリーズ 運命の分岐点「タイガーマスク伝説~覆面に秘めた葛藤~」

2016年10月5日(水) 21時~22時 NHK BSプレミアム

なかなか映像として放送される事がなかった、初代タイガーマスクの「葛藤」を中心に番組を構成。

プロレスファンなら、既知の事柄も多かったのですが、一番印象に残ったのは、やはりダイナマイト・キッドさんの映像でした。

断片的な情報はありましたが、今現在の彼の姿を見られたのは何より。

今は、一人の人間として、闘病生活を送っているようです。

プロレスラーの身体への負担が、いかに大きかったのかもうかがい知る事が出来ます。

ゴジラ全映画DVDコレクターズBOX  VOL.7 怪獣総進撃

「復刻パンフレット」

なかなか入手困難なので、嬉しいですね。

誤字脱字も、そのままなので楽しいです。

「ケイブンシャ ソノシート付属絵本」

ソノシートの音源が、CDに収録されていれば・・・。

贅沢は、言えません。

「まんが 『ゴジラ』①『おともだち』昭和47年10月号~昭和48年1月号」

ほのぼのとした絵柄で、おおらかな時代でした。

紙のコレクションだけでも、定価1998円(税込)以上の価値があります。

デビルマンサーガ 第4巻

日本へと戻って来た勇希だが、アモンからは逃れられないようだ。

白縫さんも、シレーヌの「悪魔の鎧」と一体化。

貝阪が「悪魔の鎧」と一体化してしまうが、元の人格を失わずにカイムとなり、白縫さん=シレーヌを護る事に。

かつてカイムは、シレーヌの部下だったようです。

ゴーダー隊長は魔将軍ザンとなるが、こちらも頼もしい味方です。

激マン! マジンガーZ編 第5巻

『マジンガーZ』掲載誌が、『週刊少年ジャンプ』から『テレビマガジン』へ移行する舞台裏を中心に描かれている。

当時の「大人の事情」を知る由もなく、純粋に作品にのめりこんでいました。

原作者の「サイン会」の大惨事も、初めて知りました。

劇場版『マジンガーZ対デビルマン』の事も、描かれています。

今のテイストでの、同作の漫画も見てみたいですね。

とりあえず、「マジンガーZ編」は、ひとまず終了のようです。

仮面ライダーエグゼイド 第1話

幼い頃の永夢を救った医者は、日向さんみたいですね。

今回の「仮面ライダー」(明日那が呼称)は、目玉があるのが3大ライダーの特徴のようだ。

動物戦隊ジュウオウジャー 第32話 

ブラッドゲームが、再開された。

オモテウリャーは「表」と「裏」、人の「建前」と「本音」を巧みに操るのだ。

「本音」だけをさらけ出させるので、ジュウオウジャーも大変な事になるという、「娯楽編」でした。

ウルトラマンオーブ 第13話 心の大掃除

今回は、前半12話分の総集編。

ドラマパートは新撮で、進行しながらですね。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

広告

無料ブログはココログ