カテゴリー

仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ(ディレクターズカット版)

先日、テレ朝チャンネルで視聴。

劇場版より20分長い、96分。

人々の願いが風都に「風」を呼び、ダブルが サイクロンジョーカーゴールドエクストリーム に。

『ウルトラ』では「光」だが、『ライダー』では、やはり「風」である。

やっている事は似通ってしまうが、キャラの嗜好が、その作品世界の好き嫌いになるようですね。

仮面ライダー ダブル 最終話

第49話は、一年後の2011年を描いている。取って付けたような内容ではないので、好感が持てる。

やはり、オープニングは無い。最終回仕様だ。

フィリップが海外旅行に行った事になっているのは、周知の事実のようだ。

ミュージアムを継ごうとする者たちの存在。

残っていたガイアメモリで、過去のドーパント(変身するものにより、個体差はあれど)が登場。その違和感を感じられないのは、ガイアメモリの設定が上手く表現されているからだろう。

ジョーカーの登場は、嬉しい。ロストドライバーも健在だ。だが、依頼者の、子供の前で堂々と変身しているぞ。

フィリップは、若菜の身体をもらい、この世に出現。データ人間としてではないのだろうが、エクストリームメモリのデータのままのようでもある。一年前の出来事のようだが、フィリップ消滅後、さらに若菜が存在しなくなり、1年が経過しているので、2012年に突入した世界観なのでしょうね。若菜は、直前まで現存しているように見受けられましたが、身体の復元には、それだけの期間が必要だったという事に変わりはないようです。

ダブルの世界は、年末の「劇場版」へと続きますが、どんな展開へも繋げられる、無難な終わり方でした。

カット変わりの後の、園咲一家の場面での、お姉様の白い膝上スカート姿は、もっと見たかったですね♪

サブタイトルには、アルファベットが使われていますが、Z(全49話=24×2話+1、25/26)が、使用されませんでした。物語は、終わらないという事を、ここでも、暗に示しているようです。

仮面ライダー ダブル 第48話

加頭(ユートピアドーパント)は、NEVERだった。T2ガイアメモリは、あの26個以外にも現存しているという事か。

タブードーパントとの戦いは、もう少し尺が欲しかった。せっかくの、悪者同士(単純には言い切れないが)、幹部クラスの怪人同士の激突なのですから。

お姉様の死。これで、生井亜実さんも見納めかと思うと、寂しいですね。

翔太郎は、単独で若菜を助けた上での、フィリップとの最後の変身。ユートピアドーパントを倒し、財団Xはガイアメモリから手を引いた。バンダイでは、まだ製造しているようだが・・・。

フィリップは消滅したが、ロストドライバーが残されていた。

仮面ライダー ダブル 第47話

財団Xの投資先として、「CORE MEDAL and CELL MEDAL」のモニターが映し出された。次回作、『オーズ』とは、世界観が繋がっているようだ。年末には、『オーズ&ダブル MOVIE大戦2011』が劇場公開されるので、『ダブル』自体も、物語は完結させないのだろうか。

今回は、ダブルが登場しない。最後の変身への、見事な布石だ。若菜姫を救うために、データとして消滅してしまうフィリップの、最後の願いだ。

ユートピアのメモリは凄まじい。アクセルの全身が炎上。

お姉様の、ライダースーツ姿も素敵ですね♪

仮面ライダー ダブル 第46話

既に死亡していたフィリップは、「データの塊」だった。「変身ガイア鳥 エクストリームメモリ」へのデータ化(変身、吸収)も、納得が出来る。だが、若菜の「制御プログラム」に過ぎないのか。

恐怖心に怯える翔太郎。戦意喪失?のフィリップ。満身創痍の照井。

全滅!?風都のライダーのようだ。

だが、3人は甦る。「家族」であり「切り札」であるフィリップの相棒は、翔太郎。照井も、リボルギャリーと合体し、ある意味ではダブルである。

「地球の記憶を巡る ひとつの家族の愛憎劇」は、まだまだ続くようです。

でも、風都の町の人々にとっては、大きな迷惑ですね。園咲家は・・・。

今回も、冴子さんのサービスカットがありました。スカートの裾は、ホールドしていたようですね♪

仮面ライダー ダブル 第45話

テラーの恐怖に、文字通り怯える翔太郎。

自らの出自を知り、冷静沈着なフィリップも平常心を保てないでいる。

頼りになるのは、照井のみ。

「飼い犬に手を噛まれる」のではなく、飼い猫ミックの、ベルトとガイアメモリを破壊したダブル。

敵の幹部が猫だった事実に、照井はショックのようです。

テラードーパントは、巨大な別個体を有していた。その容姿は、民芸品みたいですね♪

既に、12年前に、発掘作業現場に落ち、死んでいたフィリップ。今現在の、彼の存在って・・・?

仮面ライダー ダブル 第44話

OPでは、『劇場版』の映像を公開。期待が高まります。まだ、前売り券を購入していませんが・・・ごめんなさい♪

「復讐」の連鎖からは、何も解決しない。シュラウドの「復讐心」の根底にあったのは、フィリップへの「愛」だった。

それを見抜いた照井竜も、著しく成長しているようだ。結果的に、家族を殺されたにも関わらず・・・。

この世界で、究極の悪はテラー。

そして、26本のメモリが揃い、『劇場版』へと直結ですね。

仮面ライダー ダブル 第43話

話としては、自分のカワイイ娘のために、母親がライバルを陥れる話。ただし、ライダーの世界なので、ドーパントが、その役割を担います。

究極のダブルとは、サイクロンアクセルエクストリーム。イメージ映像だけで終わるかもしれませんが、ソフビのリペイントに食指をそそられます。

翔太郎は、ドーパントのせいで、老人になってしまいました。どちらかといえば、「戦隊」的ですが、『劇場版』でのスケジュールの確保も、兼ねているのでしょう。

シュラウドの正体も公になりそうです。全ては、彼女の復讐心が発端のようです。

PS
お姉様の、ビリヤードでのサービスカットにKOです♪

仮面ライダー ダブル 第42話

さすがは、長谷川圭一さんの脚本。ドーパントは、別の人物でした。

刑事さんの過去に、翔太郎とゲスト女性のエピソードを共に絡めて、内容にも厚みが。

取って付けたような、サブキャラの扱いではないので、刑事さんの浮き彫りにされた人柄(騙され上手)も含めて、好感が持てます。

星の本棚での、若菜とフィリップの絡み。フィリップのシンクロ率を50%にした展開は、「ダブル」の設定を上手く生かした、「逆転の発想」。お見事です♪

仮面ライダー ダブル 第41話

若菜の、「星の本棚」への自由な出入りは、フィリップの検索結果の閲覧を、阻止する事にも繋がっている。

冴子の反撃に役立つメモリの存在。手に入れられるのだろうか。

かなりの強敵の出現。ダイヤモンドのドーパントには、エクストリームマキシマムドライブも通じない。

翔太郎と亜希子以外のレギュラー陣の尺が短いようだが、『劇場版』の撮影と同時期だったのかな。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おもちゃ | お笑い | お菓子 | アイドル | アキバレンジャー | アニメ | アニメ・コミック | アーカイブ | ウィザード | ウルトラセブン | ウルトラセブン超完結編2002 | ウルトラマン列伝 | オーズ | ガシャポン | ガチャポン | ガンバロン | キバ | キャラクター | キョウリュウジャー | グルメ・クッキング | ゲーム | コミックス | コメディアン | ゴセイジャー | ゴーオンジャー | ゴーカイジャー | ゴーバスターズ | シンケンジャー | スポーツ | セブンイレブン | ダブル | テレビ | ディケイド | トッキュウジャー | トッキュウジャー&鎧武 | ドライブ | ドリンク | ニュース | ニンニンジャー | ニンニンジャーVSドライブ | ネオ・ウルトラQ  | パソコン・インターネット | フォーゼ | ブレイド | プラモデル | プロレス | プロレス中継 視聴感想(アーカイブ) | プロ野球 | ペット | ラジオ | レスキューフォース | 付録 | 健康 | 医療 | 大怪獣バトルNEO | 大魔神カノン | 女優 | 女子アナ | 妖怪ウォッチ | 妖怪ウオッチ | 家電 | 必殺仕事人2009 | 必殺仕事人2014 | 怪奇大作戦 ミステリー・ファイル | 怪獣・超獣・宇宙人・ロボット | 懸賞 | 教育 | 新ウルトラマン列伝 | 日記・コラム・つぶやき | 映画 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東日本大震災 | 歌手 | 漫画 | 特撮 | 玩具 | 真マジンガー 衝撃!Z編 | 社会問題 | 経済・政治・国際 | 耳鳴り体験記 | 芸能・アイドル | 訃報 | 趣味 | 鎧武 | 電王 | 音楽 | 食玩 | 食玩&玩具 | 飼育 | 駄菓子 | 100円ショップ | DVD | Rファイアー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

広告

無料ブログはココログ