カテゴリー

ウルトラマン列伝 第104回 「ウルトラマンゼロ!新たな戦いへの決意!!」

ゼロとグレンファイヤーの新撮で、「ウルトラゼロファイト 第2部」の総集編を紹介。

ピグモンの愛称が、ゼロにより「モロボシくん」、「モッくん」、「ピーちゃん」と変遷。

かつての戦いで、グレンらを甦らせた「力」(シャイニングウルトラマンゼロ)の記憶が無いゼロ。

グレン達だけでなく、ベリアルをも甦らせてしまった事への恐れがあった。

だが、グレン達はゼロを信じている。

ゼロには、仲間がいるのだ。

『ウルトラマン列伝』は、全8クール、全104話をもって終了。

次回より、『新ウルトラマン列伝』がスタート!!

ウルトラマン列伝 第103回 「大暴れベリアル軍団!我らダークネスファイブ!!」

魔導のスライ(メフィラス星人)らがビーコンを使い、2度目の電波ジャック。

ダークネスファィブの同胞(先輩)を紹介。

突っ込み所満載で、飽きさせない工夫が。

タイラントの紹介時、足を構成するレッドキングのスチール写真のみ、当時のものではなく、『マックス』時の着ぐるみを使用していたのは残念。

ベリアルが一人で旅立とうとしたが、スライらの覚悟を知り、再度の団結。

ベリアルの「俺達の守るべきものを探しに」とのセリフの意味するものは・・・。

ウルトラマン列伝 第102回 「メビウス対レオ!?故郷のない男の想い!!」

『ウルトラマンメビウス』、第34話「故郷のない男」を放送。

K76星での、ゼロとレオの新撮を冒頭に。

おおとりゲンがレ登場し、レオに変身。

変身シーンは、リアルタイムのものを使用。

テレビでは、『コメットさん』第63話以来の出演。

かつてのセブンの弟子が、今度は師匠となり、メビウスを鍛える。

ゲンが持参していた、胴着にも感動。

ゲンの威厳のある振る舞いには、ウルトラマンである事の重み、歴史が。

かつて地球を護った先輩ウルトラマン達から、様々な訓練(肉体精神共に)を受ける事ができたメビウスは幸せ者ですね。

ウルトラマン列伝 第101回 「戦え80!必殺のフォーメーション・ヤマト!!」

『ウルトラマン80』、第13話「必殺!フォーメーション・ヤマト」を放送。

中学校の設定を無くした、大幅な路線変更の第1弾は、怪獣映画のエッセイが満載のベストエピソード。

それまでの、スタッフのうっ憤が一気に晴らされたようでもある。

怪獣の大暴れによる都市破壊。

防衛チームが出動。

逃げ惑う人々等・・・。

ドラマパートも、オオヤマキャップの無実の罪(ゴルゴン星人が化けた女性に対する殺人の疑い)を証明すべく、奮闘するヤマト達が描かれている。

ウルトラマン列伝 第100回 「ベリアル陛下降臨!百体怪獣総進撃!?」

遂に、放送100回を迎えた、『ウルトラマン列伝』。

でも、ビーコンを使い、ベリアルが番組をジャック。

だが、ベリアルの意気込みも虚しく、100体の怪獣の紹介は叶わなかった。

結局は、13体の紹介で終了。

このパターンだと、「続編」も期待できます。

『帰ったきたウルトラマン』、『ザ・ウルトラマン』、『ウルトラマンネオス』の作品群からは、今後の『ウル列』では放送されないようなエピソードを抜粋していました。

それぞれ、ササヒラーとヤメタランス、レッドスモーギ、キングダイナスが紹介されました。

ウルトラマン列伝 第99回 「強敵バードン!タロウ絶体絶命!!」

『ウルトラマンタロウ』、第17話~第19話を編集して放送。

本編の人間ドラマ、光太郎が御土産にした、スイカのトラブルをカット。

バードンがケムジラの眼球、また人間を食べる。

当時は、子供番組でも・・・。

普通に、見ていました。

今回は、劇場版『ウルトラマンZOFFY ウルトラの戦士VS大怪獣軍団』の主題歌、「ウルトラマンゾフィー」を劇中にて使用。

さらに、ゼロのナレーションも挿入。

3話分を編集しているのだが、テンポ良くまとめられていた。

光太郎を演じた、篠田三郎氏の事務所の方針なのか、地上波での映像使用は、これが限度なのだろうか。

もっと、『タロウ』を見たいですね。

ウルトラマン列伝 第98回 「約束の炎!バーニングブレイブ!!」

『ウルトラマンメビウス』、第30話「約束の炎」を放送。

タロウの、ウルトラダイナマイトのビジュアルが圧巻。

CGの面目躍如と言ったところだ。

メビウスが、インペライザーの攻撃から身を挺して、GUYSの仲間を守る場面に涙。

自己犠牲の精神、そして痛みが伝わってきたからだ。

正体がバレても、地球に、防衛チームに留まる事になったミライ。

ここまでが、『メビウス』の第1部的ストーリー。

かつてのウルトラマンは、正体バレが物語の終わりを告げていましたから。

ウルトラマン列伝 第97回 「タロウ地球へ!メビウス、別れの日!?」

『ウルトラマンメビウス』、第29話「別れの日」を放送。

GUYSのメンバーに個々に会いに行き、手作りのお守りを渡すミライ。

それぞれの、願いを叶えて欲しいと。

ウルトラの父の帰還命令に従い、地球を去る決意を、固めざるえなかったようだ。

若く経験が浅いがために、今後の戦いで「命」を落とす事が確実・・・。

リュウを呼び出すが、共にインペライザーを迎え撃つ事に。

ミライは、彼の目の前でメビウスに変身。

不死身のインペライザーに、苦戦するメビウス。

その時、ウルトラマンタロウが。

この時、テレビシリーズの主題歌が流れていれば、もっと感動したはずだが、権利関係の問題なのだろう。

また、『メビウス』のBGMではなく、『タロウ』のオリジナルBGMをバックに戦って欲しかった。

なんとか、インペライザーを倒したかのように見えたのだが・・・。

倒れたミライを、リュウが発見。

ウルトラマン列伝 第96回 「ガイアの危機!復活のアグル!!」

今回も、『ウルトラマンガイア』のスペシャル総集編だが、アグルを中心に構成。

もちろん、我夢と藤宮の新撮も前後に。

人生は、過ちを犯してしまっても、それで終わらない。

必ず、「復活」出来る事を教えてくれています。

ウルトラマン列伝 第95回 「ガイアの願い!アグルの決意!!」

今回は、『ウルトラマンガイア』のスペシャル総集編。

前後には、我夢と藤宮の新撮が。

まさかの、藤宮の登場に身震い。

2人が、15年前を振り返るという企画。

『ティガ』と『ダイナ』の影に隠れがちですが、超大河ドラマの本作は見ごたえあり。

特に、地球の怪獣達が外敵に立ち向かう姿には、何度も涙させられました。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

S.H.Figuarts フェイバリットホールドシリーズ | おもちゃ | お笑い | お菓子 | アイドル | アキバレンジャー | アニメ | アニメ・コミック | アマゾンズ | アーカイブ | ウィザード | ウルトラセブン | ウルトラセブン超完結編2002 | ウルトラマンオーブ | ウルトラマン列伝 | エグゼイド | オーズ | ガシャポン | ガチャポン | ガンバロン | キバ | キャラクター | キュウレンジャー | キョウリュウジャー | グルメ・クッキング | ゲーム | コミックス | コメディアン | ゴセイジャー | ゴーオンジャー | ゴーカイジャー | ゴースト | ゴーバスターズ | シンケンジャー | ジュウオウジャー | スポーツ | セブンイレブン | ゼロ ザ クロニクル | タイガーマスクW | ダブル | テレビ | ディケイド | トッキュウジャー | トッキュウジャー&鎧武 | ドライブ | ドリンク | ニュース | ニンニンジャー | ニンニンジャーVSドライブ | ネオ・ウルトラQ  | パソコン・インターネット | フォーゼ | ブレイド | プラモデル | プロレス | プロレス中継 視聴感想(アーカイブ) | プロ野球 | ペット | ミニプラ | ラジオ | レスキューフォース | 付録 | 健康 | 医療 | 大怪獣バトルNEO | 大魔神カノン | 女優 | 女子アナ | 妖怪ウォッチ | 家電 | 必殺仕事人2009 | 必殺仕事人2014 | 必殺仕事人2015 | 必殺仕事人2016 | 怪奇大作戦 ミステリー・ファイル | 怪獣・超獣・宇宙人・ロボット | 懸賞 | 教育 | 新ウルトラマン列伝 | 日記・コラム・つぶやき | 映画 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東日本大震災 | 歌手 | 漫画 | 特撮 | 玩具 | 真マジンガー 衝撃!Z編 | 社会問題 | 経済・政治・国際 | 耳鳴り体験記 | 芸能・アイドル | 訃報 | 趣味 | 鎧武 | 電王 | 音楽 | 食玩 | 食玩&玩具 | 飼育 | 駄菓子 | 100円ショップ | DVD | Rファイアー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

広告

無料ブログはココログ