カテゴリー

プロレス総選挙2017

WBC(ワールドベースボールクラシック、)延長のため、3月13日(月曜日)0時13分からの放送。

本来の放送予定は、12日(日曜日)21時58分~でした。

1位は、勿論、やはりアントニオ猪木。

オリジナルのチャンピオンベルトを贈呈されました。

2位のジャイアント馬場を大きく引き離していました。

20位からの発表でしたが、藤浪辰爾がランクインしていないのが以外でした。

また、小橋健太VS佐々木健介戦の映像が流れていたのも以外でした。

健介選手の映像は、最近では珍しいかもしれません。

毎年、開催して欲しい企画でした。

男、天龍源一郎 名勝負&ぶらり天龍プロレス放浪記(2)

2015年11月1日 

日テレジータス 

CS無料デーに視聴。

グレート・カブキさん、グレート小鹿さんらとの対談を紹介。

また、ジャンボ鶴田さんのお墓参りへと向かう。

そして、全日本プロレス時代の天龍選手の名勝負を、ダイジェストで紹介。

一番の驚きは、1984年12月8日 愛知県体育館でのTV収録終了後の映像。

もちろん初見なのだが、観客席に座っていた、全日本への参戦前の長州力選手がリングへと上がるシーンだ。

一番に反応したのが天龍選手で、ここから対決、共闘へと発展するのでした。

燃えろ!新日本プロレス エクストラ

「猪木対アリ」戦が、まさかのDVD化。

2枚組にもかかわらず、定価は据え置き。

発売日は、6月26日と、心憎い演出。

早速、予約して来た。

試合のみならず、調印式等も収録。

映像ソフトメーカーより、出版社の方が、ハードルが低いのかな。

追悼 ビル・ロビンソン氏 逝去

日本のマット界で活躍したビル・ロビンソン氏が、3月4日、75才で亡くなられた。

この知らせを耳にした時、じんわりと涙が。

新日本のリングで、アントニオ猪木との、60分フルタイムの死闘は、「燃える闘魂」のLPレコードで実況を何度も聞き、興奮していた。

リアルタイムでは、視聴していなかったのだ。

まだ、プロレスを見ていない時代でした。

そして、この「NWF世界ヘビー級選手権試合」がビデオ化されると、レンタルし何度も繰り返して視聴した。

得に、ラスト3分の攻防は、まさに手に汗握る展開。

タイムアップ寸前で、猪木が卍固めでギブアップを奪い、1-1にも関わらず、勝ったかのような大歓声。

また、全日本マットでのアブドーラ・ザ・ブッチャーとのPWFヘビー級選手権試合も印象深い。

ワンハンド・バックブリーカーを仕掛けるも、結果的に膝を痛めての、王座転落。

また、特別試合だったと思いますが、天龍源一郎選手が不用意に足を上体に向けたところ、両腕を持ったまま、両足をフックしてのエビ固めには、一瞬あっけにとられましたが、安易な動き、油断は大敵だという事を教わりました。

新日本のマットへは、ワンシリーズのみの参戦でした。

提示されていたギャラを、試合後に値切られたのが原因と言われています。

こういう形で、猪木選手との名勝負が一度きりになってしまったが、伝説の名勝負の一端を担っていたのは、皮肉かもしれません。

でも、猪木デビュー30周年のセレモニーには駆けつけてくれました。

御冥福を、お祈りします。

メデューサの思い出

美形の女子プロレスラー。

新日本プロレスには、リック・ルードのマネージャーとして登場。

第2回G1クライマックスでした。

武藤敬司の思い出

デビュー当初は、「スペースローンウルフ」として売り出され、入場時のヘルメットには「610」のロゴが。

正直、今日のようなビッグネームになるとは予想もしていませんでした。

1995年のG1クライマックスでは、橋本真也を破り初優勝。 この年は、優勝決定戦のカードと勝者を予想する100万円の懸賞がありました。

予想は見事に的中したのですが、抽選には当たらず、大金を逃してしまいました。

ミル・マスカラスの思い出

全日本プロレス中継での、オーバーマスクのプレゼントに葉書で応募。

凄まじい数の応募数でしたので、当たりせん。

ガチャガチャで、薄いポリプロピレン(たぶん)のマスク(無版権)を購入しましたが、素材が空気を通さないので、夏場はすぐに、汗まみれになりました。

前田日明の思い出

実は、第二時UWFの全盛期に、大阪球場(1989年5月4日)へ足を運んでいるのだ。

メインは、前田日明VSクリス・ドールマンの異種格闘技戦。

スタンド席で観戦したのですが、客席の角度が急な勾配で、恐る恐る歩いたものです。

ボブ・バックランドの思い出

スーパースター・ビリー・グラハムを破り、WWWFヘビー級チャンピオンとして来日した金髪の好青年。

いっぺんにファンになってしまった。

アントニオ猪木選手に言わせれば、「感性が無い(趣意)」そうで、後年になって、この言葉の意味を理解する事が出来ました。

でも、今でも好きなレスラーの一人です。かっこよかったですから。

ペドロ・モラレスの思い出

アントニオ猪木選手のNWFヘビー級選手権には、二度挑戦しているのだが、印象深いのは、昭和53年7月24日に、広島県立体育館で行われた、初挑戦の試合。

実は、テレビ未放送なのだ。

猪木選手は、3日後の7月27日に、ボブ・バックランドのWWWF ヘビー級選手権に挑戦(結果は、1対1の後フルタイムのドロー)するのだが、モラレスのワンハンドバックブリーカーを受けた猪木選手は、背骨がズレてしまっていたのだ。

かろうじて、逆さ押さえ込みで勝利するのだが、代償は大きかったようです。

当時は、映像ソフトの販売が積極的ではなかったので(ビデオデッキが普及する前の時代)、試合自体が収録されていないと思っていましたが、映像が現存するようです。

体調不良の猪木選手に、全くいい所が無かったのが、お蔵入りの原因のようです。

是非、見てみたいですね。

海外遠征で、ローラン・ボックに敗れた試合をオンエアーしてくれたのですから。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

S.H.Figuarts フェイバリットホールドシリーズ | おもちゃ | お笑い | お菓子 | アイドル | アキバレンジャー | アニメ | アニメ・コミック | アマゾンズ | アーカイブ | ウィザード | ウルトラセブン | ウルトラセブン超完結編2002 | ウルトラマンオーブ | ウルトラマン列伝 | エグゼイド | オーズ | ガシャポン | ガチャポン | ガンバロン | キバ | キャラクター | キュウレンジャー | キョウリュウジャー | グルメ・クッキング | ゲーム | コミックス | コメディアン | ゴセイジャー | ゴーオンジャー | ゴーカイジャー | ゴースト | ゴーバスターズ | シンケンジャー | ジュウオウジャー | スポーツ | セブンイレブン | ゼロ ザ クロニクル | タイガーマスクW | ダブル | テレビ | ディケイド | トッキュウジャー | トッキュウジャー&鎧武 | ドライブ | ドリンク | ニュース | ニンニンジャー | ニンニンジャーVSドライブ | ネオ・ウルトラQ  | パソコン・インターネット | フォーゼ | ブレイド | プラモデル | プロレス | プロレス中継 視聴感想(アーカイブ) | プロ野球 | ペット | ミニプラ | ラジオ | レスキューフォース | 付録 | 健康 | 医療 | 大怪獣バトルNEO | 大魔神カノン | 女優 | 女子アナ | 妖怪ウォッチ | 家電 | 必殺仕事人2009 | 必殺仕事人2014 | 必殺仕事人2015 | 必殺仕事人2016 | 怪奇大作戦 ミステリー・ファイル | 怪獣・超獣・宇宙人・ロボット | 懸賞 | 教育 | 新ウルトラマン列伝 | 日記・コラム・つぶやき | 映画 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東日本大震災 | 歌手 | 漫画 | 特撮 | 玩具 | 真マジンガー 衝撃!Z編 | 社会問題 | 経済・政治・国際 | 耳鳴り体験記 | 芸能・アイドル | 訃報 | 趣味 | 鎧武 | 電王 | 音楽 | 食玩 | 食玩&玩具 | 飼育 | 駄菓子 | 100円ショップ | DVD | Rファイアー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

広告

無料ブログはココログ