カテゴリー

スーパー戦隊まつり「列車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE」

『列車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE』を、地上波で初放送。

放送されたのは正味46分位だった(本作は64分)ので、かなりカットされていたようだ。

冒頭には天晴達のコメントや、ラストには『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者 イン ワンダーランド』の宣伝もあり、やむ負えないところだろう。

顔見せの『ニンニンジャー』が、割と早い時間帯に登場していたのには驚き。

子どもトッキュウジャーの登場は、(大人の)トッキュウジャーのスケジュール調整のためだろうか。

巨大ロボ戦で決着がつくと思いきや、ラストはキョウリュウジャー10人、トッキュウジャー6人、シャドーライン4人の計20人の等身大のパワーで巨大化した創造主デビウスを撃破したのは意外でした。

烈車戦隊トッキュウジャー 第47話

いい、最終回。

良質な、作品でした。

グリッタを消さないでいた闇の皇帝ゼットが、逆に救われもした。

ライト達も、親族のイマジネーションにより、それぞれの親元へと。

「トッキュウ1号レッド、乗り継いでレインボー」は、良かったですね。

乗り換え変身で、オレンジも見れましたし。

巨大ロボ戦は、ありませんでした。

烈車戦隊トッキュウジャー 第46話

先週は、緊急のニュースが入り、まさかのお休み。

ライトには、弟と妹が。

鈴樹優斗と舞ちゃんだ。

闇の皇帝ゼットは強い。

今の彼は、闇のトッキュウ1号はのみならず、レッドレッシャー等をも打ち砕かんばかりの力を有している。

やはり、トッキュウジャーには仲間が必要。

ワゴンさんが、明君に密かに託していたもの。

それは、ライト達5人の写真。

子供になってしまった4人だが、それを目にすると、トッキュウジャーとしての出来事を思い出し、レインボーラインに復帰。

写真の裏に、「定期券 秘密基地<->ライト」と書く場面は、感動的でした。

烈車戦隊 トッキュウジャー 第45話

闇のトッキュウ1号。

黒いトッキュウ1号だが、乗り換え変身を見慣れているせいか、違和感を感じさせない。

ダークヒーローみたいで、カッコ良くもある。

闇の皇帝ゼットは、遂にグリッタ消滅させてしまったようだ。

シャドーラインは、地上に進行を開始。

ライトは、4人のパスを上手く回収。

ワゴンさんは、それを焼却。

トッキュウジャーの記憶を消す事により、他の4人は子供に戻れたのだ。

ライトは、明君をも騙し、単身、シャドーラインへ。

「闇」の力、黒いトッキュウ1号で戦うが、勝利のイマジネーションが見えない・・・。

今回は、通常変身後の、6人のトッキュウジャー(変身したのは、ライトの闇の1号のみ)が登場しない、異色の回でした。

烈車戦隊トッキュウジャー 第44話

「超竜巻闇クリーナー」(外見は、普通の扇風機)でも、ライトの「闇」は吹き飛ばせない。

総裁も、困惑。

グリッタの導きにより、ライト以外の5人はキャッスルターミナルを目指す。

だが、ライトは拘束を逃れ、同行していたのだ。

闇の皇帝ゼットの前でトッキュウチェンジすると、黒い姿に。

闇のトッキュウ1号になってしまったのだ・・・。

烈車戦隊 トッキュウジャー 第14話

ドールハウスシャードーが登場。

急所(股間)攻撃も、お手の物のようだ。

ヒカリの祖母である野々村恵美子と、母親の野々村彩香が回想シーンに登場。

母子家庭で、時々、祖母が来てくれていたようで、けん玉をプレゼントしてくれたのだった。

カグラの両親、泉洋介、恵子、弟も回想(夢)シーンに登場。

ライトから、「闇」が。

それに気付いたのは、明くんだけのようだが、闇の皇帝・ゼットが「キラキラ」に魅かれる理由が、ここにありそうです。

烈車戦隊 トッキュウジャー 第42話 

車掌さんが企画した、「トッキュウジャー忘年会」で、明くんが歌おうとしたのは「オレンジ色したニクいやつ」。

ワゴンさんの提案は、「イマジネーションレターセット」で、ライト達の思いを届ける事。

ポストレッシャーで、シャドーライン(の下の昴ケ浜)に発射したのだ。

ポストレッシャーは、プレミアムバンダイで発売されるのかな。

ミオのお父さんは、夏目公平。

今回は、ミオの悲しみを理解していたトカッチと良い感じでしたね。

年末恒例の、総集編的な内容でした。

そして、ラストには、『手裏剣戦隊ニンニンジャー』の告知映像が。

烈車戦隊トッキュウジャー 第41話

トッキュウ6号対ザラム、トッキュウ6号対トッキュウ1号が実現したが、6号は闇の皇帝・ゼットが変身したもの。

ノア夫人は、ゼットの体内からグリッタを解放するも、ゼットにより絶命させられる。

シュバルツ将軍も、同様に絶命させられる。

怒りの逆鱗に触れてしまったモルグ侯爵とネロ男爵も、ゼットの手にかかってしまったが、生死は不明のように見受けられた。

キャッスルターミナルの下に、再び、昴ケ浜(町)が沈む。

残念な事だが、ライト達は明の無事を喜ぶ。

ゼットには、の「闇」しか集まらない。

「キラキラ」を集める事が、出来ないようだ。

烈車戦隊トッキュウジャー 第40話

明は、ドリルレッシャー譲渡の理由を言わぬまま、トッキュウジャーと袂を分かつ。

ライト達は、薄々感づいていたようだが、明はアプリチェンジャーを持ったまま、シュバルツ将軍と共に、闇の皇帝ゼットの元へ。

だが、ゼットは強い。

アプリチェンジャーを使い、トッキュウ6号に変身し、レインボーラインへと入り込む。

グリッタ嬢は、自らの意思でゼットの体内へと留まり続けている。

もちろん、シュバルツを守るためでもある。

万策尽きたノア夫人は、シュバルツへ頭を下げ、共闘する事に。

モルク侯爵とネロ男爵は、皇帝を取り戻すべく、トッキュウジャーと激突。

巨大ロボ戦の後、地上に姿を現したキャッスルターミナルと共に、秘密基地が現れる。

そう、昴ケ浜だ。

烈車戦隊トッキュウジャー 第39話

クリスマスシーズンは、街も人々の心もキラキラし、「闇減り」に。

シャドーにとっては不都合な時期だが、シュバルツ将軍は、この時を待っていた。

ドリルレッシャー譲渡と引き換えに、ザラムを配下にする時がやって来たのだ。

ザラムは、レインボーラインを離れ、約束を果たすべく彼の元へ。

トッキュウジャーも、明=ザラムの行動を思い返し、その謎に気付き始めていた。

明は、アプリチェンジャーを持ったまま、姿を消した。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おもちゃ | お笑い | お菓子 | アイドル | アキバレンジャー | アニメ | アニメ・コミック | アーカイブ | ウィザード | ウルトラセブン | ウルトラセブン超完結編2002 | ウルトラマン列伝 | オーズ | ガシャポン | ガチャポン | ガンバロン | キバ | キャラクター | キョウリュウジャー | グルメ・クッキング | ゲーム | コミックス | コメディアン | ゴセイジャー | ゴーオンジャー | ゴーカイジャー | ゴースト | ゴーバスターズ | シンケンジャー | スポーツ | セブンイレブン | ダブル | テレビ | ディケイド | トッキュウジャー | トッキュウジャー&鎧武 | ドライブ | ドリンク | ニュース | ニンニンジャー | ニンニンジャーVSドライブ | ネオ・ウルトラQ  | パソコン・インターネット | フォーゼ | ブレイド | プラモデル | プロレス | プロレス中継 視聴感想(アーカイブ) | プロ野球 | ペット | ミニプラ | ラジオ | レスキューフォース | 付録 | 健康 | 医療 | 大怪獣バトルNEO | 大魔神カノン | 女優 | 女子アナ | 妖怪ウォッチ | 家電 | 必殺仕事人2009 | 必殺仕事人2014 | 必殺仕事人2015 | 怪奇大作戦 ミステリー・ファイル | 怪獣・超獣・宇宙人・ロボット | 懸賞 | 教育 | 新ウルトラマン列伝 | 日記・コラム・つぶやき | 映画 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東日本大震災 | 歌手 | 漫画 | 特撮 | 玩具 | 真マジンガー 衝撃!Z編 | 社会問題 | 経済・政治・国際 | 耳鳴り体験記 | 芸能・アイドル | 訃報 | 趣味 | 鎧武 | 電王 | 音楽 | 食玩 | 食玩&玩具 | 飼育 | 駄菓子 | 100円ショップ | DVD | Rファイアー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

広告

無料ブログはココログ