カテゴリー

『あぶさん』連載終了

「ビッグコミックオリジナル」に長期連載中の『あぶさん』が、来年2月5日発売の同誌で、連載が終わるそうです。

正直、まだ数話しか読んだ事が無いので、いつかは通読したい作品です。

初めて読んだ時のサブタイトルは、たしか「二百十日」だったと記憶しています。

ウルトラマン STORY 0 完結

「月刊マガジンZ(休刊)」で掲載開始し、途中からテレビマガジンのHPにて配信されていた本作が、最終話を迎えた。

ゾフィーを中心とした、戦士たちの成長の物語。

ラスボス的なババルウ星人、ゾフィーが撃破。

最終話、ゾフィーの身体には、ボタン状の突起物(ウルトラブレスター、スターマーク)も。

彼を中心に、宇宙警備隊が結成された。

そして、初代ウルトラマンがベムラーを護送する場面で、物語はを幕閉じた。

ちなみに、コミック最終巻の第16巻は、10月下旬に刊行予定です。

ウルトラマンSTORY 0 第49話 肉を斬らせて骨を断つ!

「誰かを犠牲にして 生きていこうとするお前は 誰よりも弱え!」

マグマ星人に対する、ゴライアンのセリフ。

久々に、い言葉に出会いました。

仲間や兄弟、意思を受け継ぐ奴ら、安心して託せる存在の有無が必要不可欠。

キン肉マンⅡ世 究極の超人タッグ編 第26巻

遂に始まった、決勝戦。

まさか、ケビンマスクが2代目グレートⅢ(ややこしいですね)として登場するとは。

でも、ケビンの活躍を意図的に封印していただけに、嬉しいですね。

キッド同様に、ジャパンの魂を持つケビンの土下座に涙。

サンダーの仮面の下の素顔は、いずれ曝されるのでしょうか?

新 仮面ライダー SPIRITS 第4巻

改造サイクロンが現存していた。本郷と一文字のマシンを、2個一にして保存していたのだ。

立花のおやじさんは、破損の著しいヘルダイバーのエンジンに、これを移そうというのだ。

涙の出る展開です。

巻末インタビューは、高杉俊介氏が登場。今回は、「前編」ですが、既出の内容も含まれていますが、より細かい内容です。人の運命は、不思議なものですね♪

でも、彼がスーパー1の主役に抜擢されたのは、必然だったのかもしれません。

キン肉マンⅡ世 究極の超人タッグ編 第25巻 

遂に、決勝戦へ。

2人目の、フードの男の登場。

マッスルスパークを習得する為に、新世代超人たちが結束。特に、父親譲りの、キッドの自己犠牲の精神には涙。

万太郎も、成長の度合いを増している。

ライトニングの表情、眼の部分が変化したが、究極の意味とは?

P118に、「完全無欠の球根(コンプリートバルブ)」と表記がありますが、「完全無比」の間違いなのかな?P172には、「完全無比(コンプリート)超人」と表記されています。今までも、「完全無比」だったと思いますが・・・。

さあ、リングには、サンダー&ライトニング、そしてカオスを失った万太郎の3人が。ゴングは、鳴らされるのかな!?(鳴ります!!)

激マン! 第3巻

今回も、「デビルマンの章」だが、連載当時に掲載を見送られていた原稿があったとは・・・。

それは、シレーヌとの戦いのワンシーン。戦いが、必然性のあるSEXシーンとなり、少年誌(少年マガジン)には不可だったのだ。

今回は、新規に執筆のの回想シーンで処理してありますが、当時のオリシナル原稿を目にしてみたいものです。

マンガ家の、過酷な生活のスタイルや、周囲の環境により打ち切りへと繋がる状況も、今更ながら、大変さを感じさせてくれます。

『デビルマン』も、テレビアニメの終了時に、掲載打ち切りが決まっていたとは。

編集長との妥協案により、2ケ月の延長になっようですが、無限の可能性を持っていたものを、そこに詰め込まざるおえなかった為に、今でも、その作品の広がり、魅力が輝きを放っているのでしょうね。

セイテン大戦フリーダーバグ 全2巻

第1巻

冒頭の4ページはカラーだ。本作に対する意気込みが感じられる。第3次世界大戦、「斎天(セイテン)大戦」を描いたのが本作だが、ヤマト・セイクンは、どう見ても黄金に輝くゲッターロボ、ゲッター1だ。

第2巻

こちらも冒頭の4ページはカラー。ゼロン・セイクンは、さしずめゲッター2だ。ヤマト・セイクンとの巨大ロボット戦は、足元でのギャグも交え、笑わせてくれながらも、迫力満点。

月を滅ぼしたゼロン・セイクンと、地球をつくったヤマト・セイクン。全9体のセイクンのなかで、更にシグム・セイクンも現れた。

地球を理想とする世界に、何度も作り変えるために存在するセイクンは、石川賢版サタン(『デビルマン』)のようでもある。

セイクン同士の激突の後、バグと共に、眠りについた護国寺大和。何度目の眠りなのだろうか。

人造人間キカイダー 全3巻 (SUN WIDE COMICS)

テレビシリーズとは異なる点が多く、それが本作(原作)の魅力でもある。

やはり白眉は、ダブルオー(零)の登場だろう。

ワルダーは、ビジンダーの兄として登場するが、人間体のみである。

ミツコ、マサルとリエ子、アキラが遭遇している点も興味深い。

ビジンダーはマリではなく、ミエ子。

シャドウは、ハカイダーに全滅させられる。

最後は、「服従回路」をハカイダーに組み込まれるキカイダー。だが、それに負けまいとする良心回路が、キカイダー=ジローの心を強くした。

「善」があれば、必ず相反する「悪」も存在する。ある意味では、バランスの問題かもしれない。

ジローは人造人間(機械)であるため、半永久的に、「悪と良心」の「心」の戦い苦しめられる事に。

兄弟(01、00)殺しを伴ってしまったジローの、その後の消息は、『イナズマン(少年サンデー版)』で確認する事が出来る。

仮面ライダー  全2巻 (SUN WIDE COMICS)

TVシリーズ『仮面ライダー』の原作で、社会人になって初めて読んだ作品でもある。

リアルタイムで小学生だった頃は、「テレビマガジン」を購読していたのと、テレビ版と異なる原作漫画には、あまり感心が無かった。やはり、子供だったんですね。

本郷ライダーから一文字ライダーへの交代劇は圧巻。おなじみの「13人の仮面ライダー」だ。

登場怪人も、PART6「仮面の世界」では、テレビ版の造型デザインの者が登場。

作品の世界観は、未完です。

頭脳以外、全身機械として復活した本郷ライダーの、その後の活躍も見てみたい気もします。

一文字隼人の父親は、松五郎という名前なんですね。また、FBIの滝は、和也ではなく、本作では二郎となっています(共に第2巻)。

その他のカテゴリー

おもちゃ | お笑い | お菓子 | アイドル | アキバレンジャー | アニメ | アニメ・コミック | アーカイブ | ウィザード | ウルトラセブン | ウルトラセブン超完結編2002 | ウルトラマン列伝 | オーズ | ガシャポン | ガチャポン | ガンバロン | キバ | キャラクター | キョウリュウジャー | グルメ・クッキング | ゲーム | コミックス | コメディアン | ゴセイジャー | ゴーオンジャー | ゴーカイジャー | ゴーバスターズ | シンケンジャー | スポーツ | セブンイレブン | ダブル | テレビ | ディケイド | トッキュウジャー | トッキュウジャー&鎧武 | ドライブ | ドリンク | ニュース | ニンニンジャー | ニンニンジャーVSドライブ | ネオ・ウルトラQ  | パソコン・インターネット | フォーゼ | ブレイド | プラモデル | プロレス | プロレス中継 視聴感想(アーカイブ) | プロ野球 | ペット | ラジオ | レスキューフォース | 付録 | 健康 | 医療 | 大怪獣バトルNEO | 大魔神カノン | 女優 | 女子アナ | 妖怪ウォッチ | 妖怪ウオッチ | 家電 | 必殺仕事人2009 | 必殺仕事人2014 | 怪奇大作戦 ミステリー・ファイル | 怪獣・超獣・宇宙人・ロボット | 懸賞 | 教育 | 新ウルトラマン列伝 | 日記・コラム・つぶやき | 映画 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東日本大震災 | 歌手 | 漫画 | 特撮 | 玩具 | 真マジンガー 衝撃!Z編 | 社会問題 | 経済・政治・国際 | 耳鳴り体験記 | 芸能・アイドル | 訃報 | 趣味 | 鎧武 | 電王 | 音楽 | 食玩 | 食玩&玩具 | 飼育 | 駄菓子 | 100円ショップ | DVD | Rファイアー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

広告

無料ブログはココログ